2018年12月 6日 (木)

コツコツと・・・

先週末も暖冬で雪山には足が向かず、ゲレンデ岩に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年12月2日(日)
  • 山域:飯能・河又RG
  • メンバー:岡リーダー・両津・四歩・オレ
  • 天気:晴れ

朝7時に岡リーダーにウチに寄ってもらい出発。コンビニに寄って、オール下道でR299で行くことにする。1時間半で到着。現地集合の四歩は既に待っていた。間もなく両津も到着し岩場に向かう。

コウモリ岩に着くと大盛況!過去一の混み具合だ。テキトーに空いてるとこから触る事にする。

Dscn0921_800x600
「タミちゃんがハイ 5.8」 RP
みんなでリードする。凹角を行くのが正規ラインらしいがキャメが無いんでカンテ寄りを登る。

Dscn0923_800x600
「ムーンビーム 5.10a」 2便目でRP
出だし核心で弾かれる。

Dscn0933_800x600
「ターミナルドライブ 5.10c」 RP
本日のお目当てなんで、岡リーダーにヌン掛けしてもらう。両津と四歩がTRで登って、回収便で初RP(^_^)/3人見せてもらったんで余裕だった。格上げになってるけど5.10bでイイと思う。

Dscn0937_800x600
「ギザギザハート 5.10d」 岡リーダー見事にOS。

Dscn0940_800x600
ランチしてたら空いたんで「いきのいい奴 5.10b」 RP

Dscn0943_800x600
四歩も果敢にリードでトライするが核心で弾かれる。

Dscn0946_800x600
「大五郎 5.11b」 岡リーダー撃沈。

Pc021101_600x800
「ミヤザキミドリ 5.10b」 RP 得意系(^_^)/
TRにしてみんなで触る。

最後に「ギザギザハート 5.10d」をやりたかったけど、時間もちょうどいいし気持ちよくシューリョーとした。

帰りもした道で順調に帰るが、心配していた秩父の夜祭渋滞も無かった。ただ地元のR462が一番混んでた(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

こんなもん(*_*)

先週末は、会のザイル祭で秩父の温泉にいってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年11月24日(土)~25日(日)
  • 場所:秩父・小鹿野 梁山泊~柴崎ロック
  • メンバー:ザイル祭12名・岩登り講習7名
  • 天気:晴れ

18時過ぎに宿に全員集合して、宴会開始!たっぷりと飲み食いして安定の記憶喪失になる(*_*)

Dscn0913_800x600

四歩とソムリエ氏は、どっかの部屋に乱入していたらしい(-_-メ)オレは畳に寝落ちしていて、夜中に寒くて目が覚めて布団に潜り込んだ。

翌朝、7時に頼んでおいた朝食で叩き起こされる(-_-メ)超気持ち悪い・・・そして眠い(-_-)zzz

Dscn0914_800x600
まだ酔っぱらっていたようで、朝食は美味しく食えたが食後はこんなん(+o+)

Dscn0916_800x600
そしてソムリエ氏。何度も窓から外に出て、帰ってくると瞑想してた(笑)

ストックマンが到着したとの事で、準備して3台に乗り合わせて柴崎ロックに向かう。コンビニに寄って吉田町方面へ。オレは一度行ったきりなんで、全く覚えてなかった。

到着すると、靴を車に置いてきたことに気づく(-_-メ)サンダルで急な道を下って3分で岩場に到着。先客2名。

今回二日酔いで、ろくに登れない自信があったので、完全防寒で元気なストックマンのビレイヤーをすることに。

Dscn0918_800x600
「えんとつ5.9」 ストックマンMOS。流石です!この一本だけでストックマンはシューリョー。スタートも遅かったけど、不完全燃焼だったでしょうな。

  • 「初心者マーク」5.9 MOS 登りやすい。
  • 「ウォーミングフック」5.10a MOS 思ったよりも重症じゃないみたい(^_^)/

Dscn0920_800x600
岡リーダーがヌン掛けしてくれたので「得うるしぎ」5.11aを触ってみるがソムリエ氏とともに撃沈。動けなくなった核心部を除いて得意系な気がするんで、絶好調時にもう一度やってみたい!岡リーダーは2便目で見事にRP(^_^)/遂にイレブンクライマーになった!すげえ!

Pb251094_800x600
ソムリエ氏は終日こんな状態(笑)久しぶりに期待に応えてくれた(●^o^●)

Pb251097_600x800
「宮崎ホイホイ 5.10b」 1テン 大分休んだつもりだったが力尽きた(-_-メ)

四歩も1テンだったが、凹角に入らない限定らしい。

最後に「スーパークリップ 5.10c」に撃沈されてシューリョー。何これ?って感じだった。

今シーズンのアイスは、暖冬でやばそうなんで早急に減量して冬の間にオレもイレブンクライマー?なんてね(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

ポカポカやねぇ(*^_^*)

新人訓練も兼ねて、また黒岩に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年11月11日(日)
  • 山域:榛名山・黒岩
  • メンバー:岡リーダー・ストックマン・四歩・栄監督・オレ
  • 天気:快晴

当初は、妙義のバリエーションをやる予定であったが、僕ちゃんの踵が痛いのと新人が参加できるって事になったので、2週間前に行ったばかりだが黒岩に計画変更となった。ここは、岩登りの基本や懸垂下降。ロープワーク等の講習にはうってつけの岩場です。

今回も午前参加のストックマンにオールリードで行ってもらう。オーダーは、①岡リーダー・四歩+栄監督 ②ストックマン・オレ

岡リーダーパーティは西稜。ウチラはヤンキー稜に取り付く。ストックマン安定の登りでRP。余裕です。フォローで上がり、ビレイ構築を見ると教科書通りの真面目な支点構築でした。オレも心を入れ替えねば<`ヘ´>

Dscn0900_800x600
んで、恐怖のトラバース。落ち葉が凄くてスタンスをクリーニングしながらいく。そのまま西18番を懸垂下降。ぴったり30mだった。

ストックマンお目当ての「夏子5.8」にいく。RP狙いなんで先にヌン掛けを買って出る。見事にRP。おめでとうございます(^_^)/

Dscn0904_800x600
お次は「オケラ5.8」これもストックマン見事にマスターでRP。調子良いなぁ。これで午後から仕事のストックマンとお別れ。TRにしてみんなで登ってランチにする。


Dscn0910_800x600

午後は、「夏子5.8」を岡リーダーがTRセットして、栄監督と四歩が登る。
Dscn0912_800x600
四歩は思い切りの良いダイナミックなムーブでTRとはいえ、一撃だった。お見事!

北面の5.8を触ってみる。カンテ側に出ない限定で5.8ってかんじ。あまり面白くない。

岡リーダーが「黒岩老眼鏡5.10c」をMOS。オレも何とかFLしたが黒岩にしてはやさしい。

「チェス5.10a」前回トップアウトしてるが、手が売り切れて核心を抜けられず選手交代。岡リーダーに回収便をお願いする。

最後に岡リーダーが「アックスの涙5.10c」をMOSしてシューリョー。

地元に帰り時間も早かったんで、シャワーを浴びて久しぶりにウマウマ焼肉で下山祝いをしました(^_^)/

それにしても、ストックマンと岡リーダーは絶好調でオレだけ落ちてるかんじだ(-_-メ)また断食かな(+o+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

なんだかなぁ~

太刀岡山の翌日。公園に張ったテントで目覚める。盛大にやったが重症者はいなくて、すぐに寄ったジョナサンで普通にモーニングを食えた。オレの踵が痛いだけ。

  • 日にち:2018年11月4日(日)
  • 山域:甲府・甲府幕岩
  • メンバー:岡リーダー・カトサン・荒さん・オレ
  • 天気:晴れ

駐車場に着くとほぼ満車。前回の倍近く居るか。岩場に着くとどれ張り付いてて激混み(>_<)とりあえずメルヘンランドまで行き空いてるとこを探す。

森の唄5.10aが空いたんで触る事に。僕ちゃん踵が痛いんで、この日は岡リーダーにオールリードをお願いして、オレはオールTR。

岡リーダーはダダ5.10cを触るが弾かれる。

Dscn0892_800x600
三ツ星5.9のイエローマウンテン。荒さん離陸に苦労して無念のテンションしたらほぼ着地。このロープ伸びるなぁ~。

Dscn0897_800x600
わささび5.10b 出だしがムズイけど右の凹角に入ってしまえば上部は快適。何か限定があるんだろうか。

Dscn0898_800x600
ワイルドトットちゃん5.10bc岡リーダーがMOS。オレは苦手の正対カチ系でA0祭りで何とか回収の役割だけ果たした。

フリーを始めた頃以来、リードしなかったの初めてかな。ゲレンデに来るとリードで登れなきゃ価値が無いってフリー思考になるんで、全然面白くなかった。全て自分のせいですけどね(-_-メ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛省(>_<)

ずっと行きたかった太刀岡山に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年11月3日(土)
  • 山域:甲府・太刀岡山左岩稜
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・荒さん・両津・オレ
  • 天気:快晴

なかなか縁の無かった太刀岡山左岩稜。出だしの3ピッチのクラックが核心でキャメもフルセットで挑みましたが、3P目でやらかしました。

オーダーは、①岡リーダー+荒さん・両津 ②カトサン+オレ

1P目はクラックだけど、レイバックで快適にイケるが完全なナチュプロなんでキャメセットに緊張する。

2P目カトサン
先行のフォローの荒さんがたくさんお土産を置いて行くので、どれが残置か全然分からん(>_<)

3P目 オレ

Dscn0886_800x600

出だしからムズイ。ハンドクラックが滑って決まらず、テンション!この皮グローブダメだ。岡リーダーも滑るって言ってたから、懸垂専用ですな。狭い岩をザックを押し出して何とか抜けてからのフィンガークラック。ここでやっちまいました。

2m上がって「ムズイじゃん」ってなり、ビレイヤーからは完全に見えないので落ちれない。キャメでA0しながら弱点とムーブを探ってると、キャメがすっぽ抜けてフォール!ウマい事足から着地することが出来たが、なぜか唇が痛い。んですぐに右の踵が痛くなり全く踏ん張りが効かない。カトサンに上がって来てもらい、そっからカトサンにオールリードで引っ張ってもらいました。落ちてからの記憶がほとんど無いが、改めて振り返るとホントに自分に腹が立つ!A0かましておいて落ちるって不注意にもほどがあるって!自力下山が出来たし大したことなかったのが幸いでした。2mの墜落でこの程度だったけど、ランナウト中だったらと思うと死んでました(>_<)

下山後は、甲府市街へ繰り出し記憶喪失に。ストック突いてびっこ引きだったけど、翌朝腫れる事もなかったので良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

う~ん(*_*)ぐんまー

日曜日は久しぶりの黒岩に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年10月28日(日)
  • 山域:榛名・黒岩
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・ストックマン・栄監督・オレ・ヘッポコ(撮影)
  • 天気:快晴

前回まさかの林道工事で転戦を余儀なくされたが、26日から開通されたとの事で行ってきました(^_^)/

午前帰りのストックマンに合わせて6時半出発。今回ドローン撮影をしてくれるとの事で、昔馴染みの先輩ヘッポコ氏も同行。

カトサンも14時までって事で、車4台(*_*)道中カトサンから寝坊との連絡が入る。栄監督と合流し、駐車場に着くと意外と空いていた。

準備して、西稜から登る。ストックマンは今回オールリードの課題。

Dscn0872_800x600
西稜 Ⅳ級 ストックマン安定したリード。栄監督はかなりビビっていたが、オレの初めての西稜に比べれば全然イケてる。

Pa281102_600x800
18番ルンゼ 5.8 ここもストックマン余裕のリード。

Pa281108_600x800
栄監督も果敢にトライ!足が使えるようになれば、格段に変わるけど最初は腕に頼ってしまうのよね(+o+)

懸垂で下りるとカトサンが到着。栄監督をお願いすることにする。西稜おかわりして練習岩でも個人レッスン。

Pa281112_600x800
チェス 5.10a マスター狙うが各駅停車(T_T)やっぱ群馬グレードだなぁ~

夏子 5.8 RP ストックマンがOSトライでいくが惜しくも1テン。ここ1年で急激に上手くなってるが、やはり黒岩はそう簡単にはいかないか。

ランチタイム。久しぶりにシラフでぺヤングを食う。安定の旨さ(*^_^*)

Pa281116_800x600
午後は、岳友会5.9が空いたので各自RPしておく。上空が開けてるので、ここでもドローン撮影。カトサンと別れ、トライ&エラー5.10bを久しぶりに触ってみる。岡リーダーにTRを張ってもらうが怖すぎる(*_*)完全に手順を覚えててもリード出来るかなぁ・・・

みんな手が売り切れたんでシューリョー。帰りは下道でのんびり時間調整。ヘッポコ氏を送り届け寿司屋で下山祝いしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

少し戻った・・・

新人デビューで黒岩の予定だったが・・・

  • 日にち:2018年10月14日(日)
  • 山域:有笠山
  • パーティ:岡リーダー・オレ・荒さん・ストックマン・栄監督

先日入会した、栄監督のデビューという事で黒岩の計画でした。7時に岡リーダー宅に集合し出発。新潟からやってくる栄監督とは榛名手前のセブンで待ち合わせ、午後から仕事のストックマンとは現地集合となる。無事に栄監督と合流し黒岩へ向かう。んが・・・

なんと黒岩へ向かうとK28松ノ沢林道が工事通行止めだった。榛名湖側に回り込み反対からのアプローチを試みるが、反対側は登り口からゲートが閉まっていてこちらもダメ。歩いたら1時間では着かないので、有笠山に転戦となった。

何とか1時間弱で到着。岩場に着くと、大盛況だった。15人以上は居たかな。後からもやってきたんで、こんなに賑わってるのは初めてみた。みんな同じでほとんどが黒岩転戦かもしれない。

有笠888はトップロープが張られていて、しばらく空きそうもないので1Fから触る。

  • ハローミッチェル 5.10a RP 過去一簡単にイケた。
  • 大統領 5.10b RP ストックマンが一撃だったので、2便目でなんとか(>_<)

Pa141088_600x800
絶好調のストックマンはTRとはいえ、ハローミッチェルも大統領も一撃だった。やるなぁ~

Dscn0863_800x600
栄監督は初心者だが、果敢に何度もトライしていた。足さばきを覚えれば、すぐにうまくなると思います。

有笠登頂888が空いたので、岡リーダーがTRを掛けて、荒さんに栄監督を見てもらう。

  • リスのえさ箱 5.10b テンションしまくりで初めてトップアウト出来た。うれしいが5.10cからの格下げだった。

ランチタイム。味噌ラーメンウマかったが量が多くて腹いっぱい。

午後は、有笠登頂888で栄監督に懸垂下降の講習。TRのビレイは、もう覚えたみたい。

  • なんちゃってチャンピオン 5.10b 撃沈 ルーフを越えられず(T_T)岡リーダーに回収便をお願いする。
  • 青いパンツの男 5.10a 撃沈 もう残ってましぇ~ん(+o+)

岡リーダーが1Fのイレブンを触ってシューリョー。地元に帰って居酒屋で栄監督の入会祝をしました。

それにしても、2Fの5.10台が軒並み格下げになっていて、お買い得感が全然無くなった(+o+)でもリスのえさ箱が初TO出来たし、甲府幕岩の時よりは少し戻ったかもしれない。後は本数出せれば<`ヘ´>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

まあ面白かったけど・・・

甲府幕岩のあがりは廻り目平で盛大に飲んで翌日・・・

  • 日にち:2018年10月8日(月)
  • 山域:小川山・烏帽子岩左稜線
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・ソムリエ氏・オレ
  • 天気:曇り後晴れ

廻り目平(9:00-10:30)烏帽子岩取付き(10:50-14:50)三ノ盾(14:50-15:50)ワイドクラック基部~下降~17時廻り目平~19時半上里

6時にトイレで目覚めると当然ながら二日酔いで気持ち悪い(*_*)そして体中痛い。何とかシュラフには入ったものの酔っぱらってエアマットを膨らますことが出来なかったらしい。カトサンとソムリエ氏は元気に焚火を始めるが、岡リーダーとオレは気持ち悪いんで二度寝(-_-)zzz

7時半に目覚めて鍋の残り汁でうどんを流し込んで、撤収する。荷物を積み込んで出発。二度寝して大分良くはなったが岡リーダーは、まだ二日酔い絶好調(笑)いきなり靴を脱いで渡渉となる。前回は飛び石で行けたはずだが水量多いのか?それとも台風の影響か?樹林を抜けて烏帽子沢で1本とる。岡リーダーは虫の息で取付きに到着。

準備をしてクライムオン!オーダーは、カトサン・オレ。岡リーダー・ソムリエ氏。

1P目 40m Ⅲ+級 オレ 右上し過ぎていきなりルートを間違える。汚い岩から草付をトラバースして、ルートに戻る。

Dscn0846_800x600
2P目 Ⅳ級 20m カトサン 快適なフェース。

Dscn0847_800x600
3P目 Ⅳ+級 45m オレ 脆いフェース。一手ムズいA0。

Dscn0850_800x600
4P目 Ⅲ+級 45m カトサン 最初の乗り移るとこが怖い。

5P目 Ⅲ+級 40m オレ 簡単に登って大木でビレイ。

6P目 Ⅲ+級 20m カトサン あまり覚えてない。

Dscn0852_800x600
7P目 Ⅳ級 25m オレ 先行に追いついてしまい、トラバース手前でピッチを切る。しばらく待ち。ここはトラバースせずに上に上がってしまうと5m懸垂下降となってしまう。

8P目 Ⅳ級 15m カトサン めちゃめちゃ怖いトラバースをして鉄杭まで。後ろはソムリエ氏が上に上がってしまい、懸垂になってた。ここから各ピッチ先行待ち。

9P目 Ⅲ級 35m リッジ歩き。直角に曲がる。

Dscn0857_800x600
10P目 カトサン 25m また歩き。5.7クラックまで。

11P目 カトサン 5.7 15m 超怖いハンドクラック。カムセットに慣れてないとリードは怖い。

Dscn0858_800x600

12P目 Ⅱ級 オレ 懸垂地点まで歩き。

20m懸垂下降

13P目 Ⅳ級 40m オレ リッジ歩きからチムニー。

14P目 Ⅱ級 15m カトサン 懸垂地点まで歩き。

15m懸垂下降して、ワイドクラック取付きまで歩き。

時間は16時。残りのワイドクラックと最後のチムニーは面白そうだったが、先行は2パーティ詰まってるので、ここまでとする。カトサンも前回ここまでだったそうなんで、残念そうだった。装備を解いて明瞭な踏み跡を下る。なるべく上流に下ろうと思ったが、朝と同じとこに出て、また渡渉する。駐車場に戻ってカトサンとはここでお別れ。

渋滞にはまりながらも地元に帰り、鮨割烹で下山祝い。二日酔いのダメージが残っていて酒が美味しくない。寿司食って帰りました。

やっと行くことが出来た烏帽子岩左稜線。高度感もあり気持ちのいいルートだけど、毎回渋滞してるし、やたらと歩きが多いしでなんだかな~って感じでした。クラックやりたければ他にいくらでもあるし、誰かのお付き合いじゃなきゃ自分からは企画しないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

色々緩み過ぎじゃ(+o+)

先週末は外岩巡りしてきました(^_^)/

  • 日にち:2018年10月7日(日)
  • 場所:甲府幕岩~廻り目平泊
  • パーティ:岡リーダー・ソムリエ氏・オレ
  • 天気:晴れ

以前から、行きたかった甲府幕岩。RGとしてはちと遠いので機会に恵まれなかったけど、中部横断道が延長されて八千穂高原まで高速で行けるようになった事と廻り目平泊で小川山ついでにって事で行くことになりました。

6時に岡リーダー宅に集合して、キャンプ道具やら装備を積み込む。そしてシングルロープを忘れた事に気づく(T_T)やっぱり前日に準備しないと、当日の朝ではダメですね。

コンビニに寄って出発。高速は3連休って事もあり車が多い。八千穂高原ICで下りると、通りはR299であった。逆に曲がってしまいUターン。岡リーダーが良く調べてくれていたようで、最初の右折は合っていた。先行の四駆バンはクライマーで間違いないだろうと後を着いて行くが、明らかに道が狭まり違うと判明。Uターンしてナビとにらめっこ。集落から小森川を目印に上がっていくと林道に行けた。「ケミトックス右折」の看板を真っ直ぐが正解。最後のダート道へ左折してようやく到着した。3時間かかった・・・遠い(>_<)

駐車場は既にいっぱい。盛況なようだ。路肩に駐車して準備するがカップ麺持ってきたのに水を忘れた。ロープといい何やってんだか、我ながら情けない(T_T)

5分下って岩場に到着。4エリアあって手前から順番に難しくなっていく感じ。クライマーもばらけるので車ほど混雑はしていなかった。

三ツ星5.9のイエローマウンテンはしばらく空きそうもないので、テキトーに触っていくことにする。

  • 動物がいっぱい 5.10b 撃沈。ムズイ。
  • 木の実がいっぱい 5.10c 岡リーダー跳ね返される。
  • ナベちゃん 5.7 MOS な~んか体が重い。なんとかって感じだった。
  • アイソメトリックス 5.10c 撃沈。岡リーダーOS。
  • イエローマウンテン 5.9 二人とも気持ちよさそうに一撃。オレは2テン(T_T)

Dscn0828_800x600


Dscn0836_800x600
絶不調でぜ~んぜん面白くない。

Dscn0840_800x600

ランチは岡リーダーに水を恵んでもらう<(_ _)>

  • 森の唄 5.10a 1テン ラインが分かりずらい。最終クリップ核心。
  • ペンタゴン 5.9 1テン もう手が残ってましぇ~ん。
  • HIVE 5.10a FL 超長い。岡リーダーがMOS。みんな一撃だった。出だしの5.7の部分要らないかんじ。

散々な登りだったけど、最後は気持ちよく終われた。先日滝谷を一本登れた達成感から、どうも無気力になっていたかもしれない・・・忘れ物も酷かったし、、また出直しですな<`ヘ´>

16時に車に戻り、川上村のナナーズに向かう。途中で単独で登っていたカトサンとも連絡が取れてナナーズで買い出し中に合流することが出来た。廻り目平に向かうと途中で満車の看板。マジかって思ったが続々と帰る車が下りてきたので、駐車場に行ってみると結構空いていた。時間帯的にちょうど良かったのかもしれない。

前回と同じ場所が空いていたので、テントを設営して薪を拾い集めて宴会開始!もつ煮に鳥モモ、鍋に刺身と盛大にやりました。「明日はどこか登るんだろうか?」ってくらいビールに日本酒ワインとガッツリ飲んで、途中で記憶喪失になり23時過ぎにシュラフに潜り込んだ模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

疲れた~(+o+)

夏合宿での3日間停滞のリベンジで滝谷に行ってきました(^_^)/

  • 日程:2018年9月23日(日)~24日(月)22日前泊
  • 山域:北ア・北穂高岳・滝谷出合~第四尾根
  • パーティ:岡リーダー・オレ
  • 天気:晴れ

22日(土)前泊
上里(19:00-22:30)新穂高駐車場~鍋平駐車場

23日(日)
鍋平P(2:10-4:20)白出沢出合(4:20-5:35)滝谷避難小屋(6:00-6:40)雄滝(7:00-10:00)ナメリ滝(11:25-15:30)C沢二俣(15:30-17:00)スノーコル~スーノーコル上部ビバーク

24日(月)
スノーコル上部(5:00-11:00)第四尾根終了点(12:00-13:30)穂高山荘(14:10-16:50)蒲田川右俣林道(17:00-19:00)新穂高~車取り~食事=24時上里

週末が近づくにつれ天気予報とにらめっこ。どこも微妙な予報であったが、一カ所強気な晴天予報だったので決行することになった。

今回は日帰り装備で下から一気に第四尾根を落とそうという行動時間の長い過酷な計画。装備も削れるだけ削って、更に蒲田川右俣林道も短縮するためチャリアプローチを提案する。白出沢出合まで標高差400mあるが何とかなるだろうと。。。

22日19時に出発。コンビニ2回寄って、トイレ休憩したりで4時間弱で新穂高に到着。登山口に一番近い有料駐車場は、夜間はゲートが閉まっていて入れない(>_<)知らなかったがロープウェー客専用って感じだ。その次の無料駐車場は既に満車。そんなことですんげ~下ってまた登って鍋平駐車場に行かされる。この時点でチャリアプローチは断念せざるを得なくなった。前泊用に持ってきたテントを張り、プチ宴会をして0時近くに就寝。

23日 1時半起床。外に出ると寒い(>_<)車に逃げ込みサラダ巻きをかき込み、テントを撤収して2時過ぎにヘッデンで出発。眠い(-_-)zzz鍋平から舗装道を15分ほど登って、山道を20分下り、やっと新穂高。なんて登山者に優しくないとこだと思う。

蒲田川右俣林道を2時間で白出沢出合。まだまだ真っ暗(*_*)チビ谷を過ぎて出発から3時間半かかって、明るくなった頃にやっと滝谷出合。

Dscn0736_800x600
避難小屋で小休止。中は大変綺麗でした。ハーネスとメットだけ装着して出発。

出合からそのまま左岸を遡上するとすぐに行き詰まり、少し戻って右岸に移った。出合から右岸に渡っていった方が良い。

Dscn0740_800x600
1時間ほどで雄滝・雌滝の二俣。中間尾根に先行2人パーティが取付いている。先行がリード中に追いついたんで、ゆっくり登攀準備をする。

1P目 Ⅳ級 20m 政
見た限りⅢ級程度に見えたが、取付くと悪い!どうしても一歩が上がらずハーケン打ってA0で突破。大変時間が掛かってしまう(>_<)

2P目 Ⅲ級 30m 岡リーダー
濡れたスラブを上がって草付トラバース。

3P目 Ⅳ級? 45m 政
トラバースすると行き詰まり、戻って一段下のバンドをトラバース。一カ所岩棚に下りるとこがすげえ怖い(>_<)

4P目 Ⅳ級 25m 岡リーダー
Dscn0745_800x600
この草付がまた悪い!手がかりが少なく、足場も濡れ濡れ。目いっぱいザイルを伸ばすが支点が無く、戻る。

5P目 Ⅱ級 35m 政
歩き。

6P目 Ⅲ級 20m 岡リーダー
Dscn0748_800x600
簡単にトラバースして、雄滝落ち口まで。

3P目はトラバースせずに尾根を直上しても良かったみたい。4P目の途中で踏み跡もあった。結局、雄滝の突破に3時間掛かってしまった(+o+)うまくいけば今日中に第四尾根を抜けて穂高山荘まで、なんて目論みもあったが早くも暗雲立ち込める(+o+)

滝谷の迫力ある岩壁が見えてるが、中々近づかない。ゴーロ帯や滝を巻いたりでバテテきた。

Dscn0755_800x600
そしてナメリ滝。大分離されたかと思った先行パーティに追いつく。

1P目 Ⅳ級 45m オレ
先行をしばらく待ってから取付くが、終了点で追いついてしまいロープも残ってるので、抜かせていただく。右壁を上がってからのスラブ帯で支点が取れず、かなりのランナウトとなったが1・2ピッチまとめて登った。

Dscn0760_800x600
2P目 Ⅳ級 50m 岡リーダー
ロープ目いっぱいで、支点に届かず。

Dscn0767_800x600
A沢のブロックが崩壊し、轟音と共に煙が巻き上がる。水が濁ってしまったのでF沢で水をとる事にする。プラティパスに2L汲んでザックが重い(+o+)

Dscn0774_800x600
ようやくC沢二俣。スノーコルを探すがそれらしき踏み跡を見過ごしてしまい上がり過ぎてしまう。やはりさっきのとこかと戻るとナメリ滝で抜いた二人パーティが追いついてきた。スノーコルに上がると2人テントが1張り程度の狭い場所だった。テントを担いでる二人に場所を譲って、岡リーダーが上部偵察に行くと1.5ピッチ上に良い場所があるという事で二人に挨拶して移動する。17時に持ってきた防寒着をすべて着込み、ツェルトを張ってガスを焚いてようやく休むことが出来た。んが・・・ここからが本当の闘いであった。

2時間弱の睡眠で15時間行動したのでヘロヘロ(*_*)岡リーダーはパン。オレはα米にふりかけでエネルギーチャージ。眠気と疲労でウトウトするが、ガスを焚いてる間はツェルトが溶けてしまうので眠る事は許されない。21時・・・もう限界なんで寝る事にする。今回各自ツェルトを持ってきたが、ガスは一つだし2人で1張りの方が暖かいだろうという事で、そのまま寝る事にする。ガスを消すと一気に冷えたが睡眠不足と疲労ですぐに眠れた。0時過ぎにトイレで目が覚めると寒いので、またガスを焚く。2時を過ぎると一層に冷え込み30分眠って30分ガスを焚くという事を繰り返す。朝日が待ち遠しい(>_<)全く疲労回復する事もなく4時半。1本満足バーを食べて白湯を飲んで出発の準備を整える。

24日 5時にツェルトから出ると風があり寒いので、寝たままの防寒着着用で第四尾根登攀開始。

Dscn0781_800x600
1P目 45m Ⅲ級 岡リーダー 浮石いっぱい。

Dscn0783_800x600
2P目 Ⅳ級 40m オレ
トポにはⅢ級ってあるけど、一カ所ムズイ。手袋を外して目が覚める。

3P目 Ⅲ級 40m 岡リーダー
Aカンテ。岩ボロボロでウキウキ(>_<)

4P目 Ⅳ+級 40m オレ
リッジからBカンテ。よく覚えてないが、快適だった。

5P目 Ⅰ級 40m 岡リーダー 歩き。

Dscn0789_800x600
6P目 Ⅳ級 45m オレ
Cカンテに伸びるクラックを辿る美しいライン(^_^)/ここまでオレばっかり面白いピッチをやらせてもらって岡リーダーには申し訳ないと思うが、1P目で先に行くと言ったのは岡リーダーだから、まーいっか(^_-)-☆

Dscn0791_800x600
7P目 Ⅳ級 40m 岡リーダー
浮石だらけの凹角。

Dscn0792_800x600
素直に凹角を行くとピナクル左だが、右が正解だったみたい。どっちもイケるが懸垂地点と勘違いしてしまい、10m下ってコルに下りるのにこれは違うと気付く。登りかえしたりで昨日の2人パーティに追いつかれてしまった。
Dscn0795_800x600
8P目 Ⅳ級 30m オレ
ツルムの頭直下まで。早くも疲れてきた・・・

ツルムのコルへ懸垂下降20m。

9P目 Ⅳ級 25m オレ
フェースからチムニーを登るが狭くてチムニー内には入れずマントル返しでのっこす。既に1ムーブ起こす度に息が切れる(*_*)
Dscn0797_800x600
10P目 Ⅴ級核心ピッチ 40m 岡リーダー 
傾斜の強いカンテを2つ越える。2つ目がムズイけど探せばガバがある。ザイルが流れなくなるが、終了点へ。

岡リーダーとガッチリ完登の握手!ようやく終わった(^_^)/
補給して、ザイルを畳んで靴を履き替え、ハーネスとガチャ類はそのままで、Ⅱ~Ⅲ級の岩を20分ほど登ると稜線に出た。

装備を解いて、穂高山荘を目指す。涸沢岳の登り返しがキツイ(>_<)1時間半で穂高山荘到着。ビールと味噌ラーメンで完登を祝う(*^_^*)

14時過ぎに山荘出発。小屋から直に白出沢方面へ下る。初めて歩くがガレた沢を下る。石畳のように一応整備された一般道だ。すぐに暑くなり防寒着を脱ぐ。森林限界まで一気に500mほど標高を下げる。大変効率が良いが、既に体中が悲鳴をあげ始めている・・・

17時前にようやく蒲田川右俣林道に下りた。もう何度も限界だと思ったけど、あともう少し・・・穂高平小屋で一本入れてる間にあっという間に暗くなった。最後はヘッデンになるがオレのは電池切れ(-_-メ)岡リーダー頼みで歩いてると、最後工事車両用の舗装道に入ってしまい15分ほど戻る。もうどうにでもしてくれって感じで19時にようやく新穂高に帰ってきた。

真っ暗でひと気が無い。鍋平駐車場までもう歩きたくない。タクシーを呼ぼうとなり電話するが3件断られ諦める。岡リーダーはいつもお世話になってる先輩だし、ここは後輩のオレが車の回収に行くことにする。空身で35分かかってヘロヘロで辿りついた(+o+)

帰りは松本のかっぱ寿司で久しぶりにまともな食事をして、帰路に着いた。時間も遅かったせいか、3連休の渋滞は皆無で地元に戻ったのは午前様だった。

憧れのクラシックルート滝谷へ行けたのはうれしい。しかし出合からだとアプローチ、下山共に長く色んな意味で過酷なルートでした。この山行で得た経験値は計り知れない。これを活かして挑戦的なクライミングを今後も続けていければと思います。

ツェルトビバークだけは、よっぽど必要に迫られる事態で無い限り、もうしたくない(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オンサイトってムズイ(*_*)