« オラ!②手続き~ペニテンテス | トップページ | おあずけ »

2014年2月 5日 (水)

オラ!③入山~コンフルエンシア~プラザ・デ・ムーラスBC

2014年1月1日(水)元旦

雑煮ではなく、コーヒーとパンを口にする。結構ウマイ!

9時にインカ社の兄ちゃんが迎えに来るので、チェックアウトをするとマルティンから「登頂に成功したらビールを奢るから絶対に寄ってくれ」と岡リーダーが言われてた。

時間通りに昨日の愛想のいい兄ちゃんが迎えに来て出発。インカ社に寄り別の宿で6人位のガイドパーティを乗せて、向かう。しばらく走りプエンテ・デル・インカ付近でと突然停車しエンジンストップ!カートラブルで別の車が来るから降りて待つように言われる。何とも南米っぽい(笑)

ようやくオルコネスのレンジャー事務所に到着し、チェックインを済ませる。番号の付いたゴミ袋を渡される。帰りにこれが無いと罰金らしい。車に戻り500m先の登山口まで送ってもらい、ようやく本当のスタートを切る。

予定よりも大分遅れたが11時2800mのオルコネス出発。体を動かすのも久しぶりだったので気持ちいのいい歩きとなる。まずは3200mのコンフルエンシアを目指す。ステップ気候特有の砂漠のような景色に圧倒され、山と谷のスケールのデカさに海外の山に来たのだと実感する。谷を流れる川は、上流で雨が降ってる訳でもないのに、どこまでも茶色い濁流です。きっと常に山間を削り取りながら流れてるんだと思います。

Dsc00187_800x600Dsc00195_800x600Dsc00197_800x600Dsc00203_800x600

Dsc00206_800x600Dsc00210_800x600Dsc00212_800x600Dsc00214_800x600

ゆっくり景色を観ながら歩き13時過ぎにコンフルエンシア到着。レンジャー事務所でチェックインすると、ドクターに明日8時にメディカルチェックに来いと言われ、「今日は遅いから上には上がるな」と言われる。高所順化に4200mのフランシアまで登り戻ってくるつもりだったが、途中でも時間を決めて下りてくるという事もうまく英語で伝えられないので、諦めてステイすることに。インカ社のテントに行きテントを借りる。日が長く21時頃まで明るいのでヒマでしょうがない。岡リーダーは、風邪で体調が悪くちょうどいい休養になったみたい。オレは散歩をしたり写真を撮ったりして過ごす。

Dsc00221_800x600Dsc00228_800x600Dsc00229_800x600Dsc00230_800x600
ここには、生活に必要なものはすべて揃っていると聞いてたので、夕飯をお願いした。呼ばれるのか、勝手が分からず20時を過ぎたのでキッチンテントに行くと日本人のオクイ氏がまかないでも食べるかのように食事をしていて、我々にもすぐに出してくれた。全く味のしないスープとパスタだった。翌日下山するオクイ氏にルートやBCでの生活等色々と話を聞き、久しぶりの日本語にかなり癒されました。

Dsc00239_800x600Dsc00241_800x600登山許可チケット&ムーラ

オクイ氏と別れテントに帰るとすっかり冷え込み寒い。ムーラにシュラフを預けた事を今更後悔しても遅い。標高3200mの場所なんだから、そりゃ寒いわな。持ってきた服をすべて着込み足はザックの中へ突っ込んで寝ました。岡リーダーは、風邪で調子が悪かったので、インカ社のテントで無理やり頼み個人のシュラフを借りてました。朝方寒くて目が覚めてそのまま眠れないので、5時頃ビールを1本飲みました。

2014年1月2日(木)晴れのち曇り時々雪

8時にメディカルチェックに行き、無事に2人ともパス。岡リーダーも体調が戻ったようだ。味がしない食事は、食べたくないので朝食は行動食で賄い、9時に出発。

すぐにフランシアとの分岐。昨日行く予定だった、フランシアには行かずムーラスBC(4300m)を目指す。途中ムーラ隊に抜かれて行くのだが狭い道をナカナカのスピードで抜いていくので結構ビビる。

砂漠のようなデカい谷を延々に歩く。平坦な道で歩いても歩いても一向に高度を稼げない。標高差900mを8時間かけて歩くのだから、距離が長いのは覚悟の上です。強い向かい風と砂埃でアコンカグアの歓迎を受ける。途中に渡渉が何度かあるのだが、前夜に聞いたオクイ氏のアドバイス通り常に左岸を行けばほとんど渡渉は、無かった。

Dsc00251_800x600Dsc00253_800x600Dsc00255_800x600Dsc00261_800x600

遂にアコンカグア南壁がその姿を現す!

朝食を食べてない上に行動食として持ってきたパワーバーが不味くて食えないものだった。ちゃんと試食をせねばならんね。

やがて富士山の高度を過ぎると、徐々に頭痛がしてきた。もう高度障害か?とにかくアップダウンの繰り返しで歩いても歩いても高度が上がらない。4000mを越えたあたりで吐き気も出てきて遅れ始める。ダイアモックスを服用するが、体調は戻らずヘロヘロで17時過ぎにプラザ・デ・ムーラスBC(4300m)に到着。先着していた岡リーダーがレンジャーとの話を済ませ、メディカルチェックは翌日だと言われたらしい。インカ社のテントで預けた荷物を受け取る。この時ゲロを吐き完全に高度障害だと自覚する。何とかテントを張ったが、そのまま横にならせてもらい、寝る。21時半に目覚めると頭痛は相変わらずだが、吐き気が収まったのでカレーを食べた。水はインカ社のキッチンテントから汲み放題。暖かい味噌汁を飲んでまた死んだように眠った。

Dsc00263_800x600Dsc00265_800x600Dsc00271_800x600Dsc00272_800x600
途中には、白骨化したムーラの死骸がちらほら。

Dsc00275_800x600Dsc00284_800x600

|

« オラ!②手続き~ペニテンテス | トップページ | おあずけ »

山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590546/59075595

この記事へのトラックバック一覧です: オラ!③入山~コンフルエンシア~プラザ・デ・ムーラスBC:

« オラ!②手続き~ペニテンテス | トップページ | おあずけ »