« マジですか・・・ | トップページ | オラ!⑤C1~C2建設 »

2014年2月15日 (土)

オラ!④BC~C1荷揚げ

2014年1月3日(金)

7時に起床し、みそラーメンを食べる。体調は昨日よりはいいが頭痛は相変わらず。9時にチェックインに行くと17時にメディカルチェックをするので、それまでBCで過ごすように言われる。オレも体調が悪かったので、仕方なくゴロゴロ過ごす。

1日中横になって過ごすも、体調は戻らず17時のメディカルチェックへ。案の定血中酸素飽和度60%台でアウト!翌日もステイを命じられる。岡リーダーはリミットと言われ、OKのはずが荷揚げもダメだと言われた。オレはともかく連帯責任的な感じで足を引っ張ってしまい、申し訳ない<(_ _)>食い下がる岡リーダー、けっこうかわいい女性ドクターにコンフルエンシアに1日しか滞在しなかった事を咎められ、「ホワイッ!」と言われてた。なぜって聞かれても日本語でも答えようのない問いに「登山って自己責任でしょ」と思いながらも、それ以上英語もできないので渋々納得。水は何リットル飲んでるか聞かれ、2L/日と答えると鼻で笑われ5L飲めと言われた。

Dsc00285_800x600Dsc00286_800x600Dsc00288_800x600Dsc00289_800x600

テントに戻りスケジュールを再度練り直してると、日本人登山者のフクザト氏に遭遇。色々と話を聞くと、無茶をする日本人パーティがかなり多いらしく、日本人と言うだけでドクターには目を付けられてるらしい。やはり水分摂取が大事だという事でした。

必死で水を飲みまくり、お腹がタプタプで下痢に悩まされる。

2014年1月4日(土)

この日は、いくらか体調も良く散歩をしたり読書をしながら過ごす。日本で先輩からオキシパラスメーターを借りてきてたので、1日に何度も測定し深呼吸しまくると数字が良くなることを発見した。これは、測定前に限らず水分摂取と一緒で常に気をつけてると順応も良くなるような気がした。

Dsc00291_800x176

17時。運命のメディカルチェックに行く。深呼吸作戦のおかげで何とかパスするもオレの肺から異音がすると言われ、翌日のカナダまでの荷揚げは認められたが、19時にもう1度メディカルチェックに来いと言われた。

肺の音に関しては気になるところですが、上への許可が下りたという事で、今夜はBCにあるレストランで祝杯を挙げることにする。

ピザとハンバーガーを頼んだが、ボリュームはすごいんだけど生地がイマイチな感じ、ハンバーガーに至ってはパンですらなかった。それよりもビールを飲んだら、オレだけ吐き気がしてきて早々にテントに帰る。ワインも口を付けただけで全く飲めず。翌日の荷揚げに備え、ダイアモックスを飲んで就寝。

Dsc00301_800x600Dsc00302_800x600Dsc00303_800x600Dsc00304_800x600

2014年1月5日(日)

7時に起きると、順応が完了したのかダイアモックスが効いたのか定かではないが、これまでで1番体調がイイ。しっかり朝食を食べる。

Dsc00306_800x600Dsc00308_800x600Dsc00310_800x600Dsc00311_800x600

パッキングをして9時に出発。ドクターには、キャンプ・カナダ(4900m)までと制限があったが、調子が良ければキャンプ・ニド(5400m)まで行ってしまう算段であった。

4時間弱でプラザカナダに到着し、これは余裕でニド・コンドレスに行けると思い、更に上を目指す。

しかし、キャンプアラスカ(5225m)で14時を過ぎていた。本来ならば日照時間を考えても余裕があるのだが、19時のメディカルチェックまでにBCに戻り血中酸素を上げておかなければならないので、ここで揚げてきた荷物をデポして、ムーラスBCへ下山開始。

変わらない景色。砂漠のような大地だが比較的に傾斜があり、高度を稼げる分BCまでの道のりよりは楽しい。下山中、岡リーダーが体調を崩し何度も止まり、先に下りろと言うので、一足先にBC到着。岡リーダーも17時頃に下りてきた。少し休んだら直ったとの事で一安心。

Dsc00316_800x600Dsc00317_800x600Dsc00319_800x600

水分を取り、19時に3度目のメディカルチェックに行くと、2人ともすんなりパス。オレの肺も何も問題なかった。ドクターが英語で「上に行くことは許可するが、頭痛や吐き気が出たらすぐに下りろ」と言ってすぐに「ドゥーユーアンダースターン?」と言ってきたので、岡リーダーが「オーケーオーケー」と返すと何回も「ドゥーユーアンダースターン?」「オーケーオーケー」の押し問答となり、見かねてオレが中学生英語の基本「イエスアイドゥー」と言ったらようやくドクターも解放してくれた。やっと無罪放免である。

翌日からは、荷物をすべて背負ってのアタック開始となるので、念のためダイアモックスを服用して21時に就寝した。

|

« マジですか・・・ | トップページ | オラ!⑤C1~C2建設 »

山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590546/59129755

この記事へのトラックバック一覧です: オラ!④BC~C1荷揚げ:

« マジですか・・・ | トップページ | オラ!⑤C1~C2建設 »