« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の4件の記事

2014年8月27日 (水)

意外にも(^_^)/

日曜日に、お山に行ってきました。

  • 日にち:2014年8月24日(日)
  • 山名:武甲山・宝登山
  • パーティ:オレ・大隊長・荒さん・山田/岡リーダー(宝登山)
  • 天気:晴れ

寄居(8:00-9:15)一の鳥居(9:30-10:00)不動滝(10:00-10:40)杉の広場(11:00-11:30)武甲山(12:00-13:00)一の鳥居=昼食=宝登山神社(15:00-15:30)宝登山(15:30-16:00)宝登山神社(16:00-16:30)寄居

会の50周年記念山行として、埼玉10名山を分担して踏破するという企画だ。前夜は、会の暑気払いで二日酔い覚悟の計画だったが、朝起きると意外にも調子がイイ!準備をして大隊長の家に向かう。初めてなのでナビで行く。近くまで来たとこで電話で聞いて無事に到着。間もなく荒さんと両津もやってきて出発。

途中コンビニで行動食を買って1本道を間違えて三菱マテリアルの会社へ入ってしまったが何となく思いだし、無事に登山口に到着。一の鳥居Pは、20台程度停められるが、ウチラの後大阪ナンバーが1台入って満車。結構武甲山て人気なのね。

歩き始めて、汗をかくとやっぱり調子がイイ。昨夜セーブしたつもりもないんだけど、そんなに飲まなかったみたい。

Dsc01342_800x600
杉の広場で1本入れる。お化けみたいにデカい杉です。

Dsc01338_800x600
2時間ほどで登頂!無事にお役目を果たせました。

Dsc01340_800x600
標高の書き方が面白い!1336-41+9=1304mだそうです(@_@)

1時間ほどで下り、お次は宝登山に移動。途中大隊長おススメの秩父道の駅の立ち食いソバを食べる。オレ好みの美味しいソバでした(*^。^*)

宝登山神社Pで岡リーダーを待つ間にビールを飲む。間もなく城峰山をチャリで登ってきた岡リーダーと合流。

Dsc01346_800x600
大人の力を使って無事にお役目を果たしました。

下山して、岡リーダーと別れ寄居のかんぽの湯に行くが改装中で入れなかった。

今回は、久しぶりに普通のハイク登山をしたけど以外にも楽しい山行となりました。埼玉10名山も残り5座。達成することが出来るのでしょうか・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

参りました(>_<)

夏合宿で北アルプス奥又白池に行ってきました。

  • 日程:2014年8月13日(水)~16日(土)
  • 山域:北ア 奥又白池BC
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・マッチさん・予報士・ソムリエ氏・荒さん・両津・オレ
  • 天気:入山日晴れ~ずっと雨

8/13 1日目
深谷(5:30-10:00)沢渡(10:00-11:00)上高地(11:00-12:00)明神(12:00-12:50)徳沢(13:30-14:45)パノラマ分岐(15:00-17:50)奥又白池BC

楽しみにしていた夏合宿。今回はソムリエ氏が初参加!予報士も久しぶりの参加で大所帯となりました。BCという事もあり頑張ってビールをたくさん担ぎました。

深谷を5時半に出発。上信越道は、夏休みで少し車が多かったが、概ね順調に沢渡到着。いつもの足湯公園は、満車で入れず一段上の駐車場に停める。共同装備を分けてパッキングし直す。今回は、ソムリエ氏が食担を買って出てくれたので、小クーラーで足りました。バス乗り場に行くと長蛇の列。ものすごい観光客です。タクシーも少し待ちましたが、2台に分乗して無事に上高地に到着。

Dsc01277_800x600

いつもの長く平坦な道をスタートするが、今回は徳澤から登りとなるのでいくらか気が楽だ。明神まででなかなか酒の重みが効いてくる。徳澤で生ビールを飲んで気持ちよくスタートするが、新村橋を渡ってる途中で気持ち悪くなる。吊り橋の揺れが乗り物酔いのように効いてしまった(@_@;)

Dsc01295_800x600

林道の登りになると暑さが効く。パノラマ分岐の冷たい沢で火照った体を潤す。ソムリエ氏は、小さい50Lザックにいっぱい括り付けて背負ってるので、大変そうでした。途中で少し荷物を預かる。7時間行動で前穂東壁のベースとなる奥又白池に到着。

Dsc01296_800x600Dsc01297_800x600

春合宿に続き今回もジャンボテントを荒さんと両津で揚げてきた。マッチさんと予報士は、1泊で明日帰るので2天を張る。テントに入った途端に雨が降り出す。

早速、宴会を開始。みんなたくさんビールを担いできて、美味しい焼肉でたくさん飲めました(*^。^*)23時ごろ就寝。

8/14 2日目
奥又白池BC(5:50-6:50)奥又本谷トラバース~BC帰還

4時に起床。天気は曇りなのでカレーうどんを食べて、準備をする。6時、北壁~Aフェースを狙って出発。登り始めるとすぐに雨になる。取り付きだけでも見ておきたいので、本谷をトラバースし始めるが、雨足が強まり退却。7時にBC帰還。マッチさんと予報士は、撤収して下山。ゴミを持ち帰ってもらう。ウチラは朝から宴会開始。昼ごろまで飲んで行動食を食べて昼寝。目が覚めて夕飯は、ハンバーグ。ソムリエ氏が朝酒が効いたらしく具合が悪そう。っていうかオレ以外みんな調子が悪そうで飲まずに食べ終えて、また就寝。

8/15
奥又白池BC(5:00-7:00)奥又本谷下降点確認~BC帰還

この日も、4時起床。雨は降ってない。ラーメンを食べて出発。昨日よりも早く出発出来たが、また雨が降り出す。今日こそは、取付きを見つけたいので頑張る。昨日は、標高を上げ過ぎたようだ、おおよそ奥又白池と同じ標高をトラバース。雪渓を確認してBC帰還。テントに戻り、トランプ大会開始。20年ぶり位に大貧民に燃えた。8時間に及ぶ耐久トランプ大会を終えて夕飯にカレーを食べる。残りの酒も飲み尽くして就寝。未明からドシャ降りになり、テント内も濡れ濡れ(+o+)

8/16
奥又白池BC(7:45-9:20)パノラマ分岐(9:30-11:00)徳沢(11:15-12:00)明神(12:00-12:55)上高地=タクシー=沢渡-坂巻温泉-十字路-19:00深谷
Dsc01312_800x600

最終日も登攀計画があったが、キレイさっぱり諦めのつくドシャ降り。撤収してカッパ上下を着て下山。入山前の予報だと最終日が一番好天のはずだったが、徳沢まで下りてもドシャ降り。登攀予定日が全敗という散々な合宿となりました(>_<)オレは初めてだけど、岡リーダーは、2度目だと言ってた。

帰りは、坂巻温泉であったまりいつもの十字路でカルビ焼肉定食を食べた。オレは、やっぱり生姜焼き派だな(*^。^*)いつかステーキも食いたい・・・

上信越は、凄い渋滞らしいので佐久で下りてR254で下仁田から、また上信越に乗る。これが大当たりで、概ね順調に帰れました。今夏は、天候に恵まれない周期な感じですが、これに懲りずに、また大人数で山に入りたいものですね(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

やっちまった\(◎o◎)/!

週末に会の登山教室で仙丈ケ岳に行ってきました。

  • 日程:2014年8月2日(土)~3日(日)
  • 山域:南アルプス 仙丈ケ岳
  • パーティ:生徒36名・会員8名
  • 天気:8/2雨・8/3晴れ

8/2
本庄(7:30-10:30)仙流荘(12:30=バス=13:30)北沢峠(13:30-15:00)馬の背ヒュッテ

8/3
馬の背ヒュッテ(5:30-6:30)仙丈小屋(6:30-7:30)仙丈ケ岳(7:30-8:25)小仙丈ケ岳(8:30-9:25)5合目(9:30-12:00)仙流荘(13:30-18:00)本庄

前日、軽く飲み過ぎてしまい目が覚めると7時\(◎o◎)/!4時半集合予定だったので、軽く放心状態になる。携帯を見ると何回も仲間からの電話が入っていた。少し心を落ち着かせて考える。「直接行って謝るしかない!」と思いダッシュで出発。上信越道をすっ飛ばし、3時間で伊那IC到着。10時半に仙流荘に到着するが、ここから先はマイカー規制でバスに乗り換えなければならない。1日に4~5本しか出ておらず2時間待つことになる。やっと北沢峠に着き、ここから馬の背ヒュッテまでダッシュで駆け上がる。最初藪沢コースの取り付きが分からず人に聞く。手前の大平小屋でバスを下りればよかったのだ。初めて来たのでよく分からん。
Dsc01234_800x600

最短の藪沢コースを行く。沢筋になると結構な雪渓が残っている。後で聞いたら昨日まで閉鎖されていて、条件付きでコース入山OKってなったらしい。勝手に上がってきちゃったので、条件が何なのかは、分からない。(多分軽アイゼンとかだと思う)

Dsc01237_800x600
人が入ってないこともあり、ルートが分かりにくい。いきなりスノーブリッジを潜ってしまい、これは間違いだと引き返す。

みんなは、とっくに小屋に着いてると思うがとにかくスピードハイクで雪渓を詰め上がる。途中から雨が本降りになりカッパを着るととてつもなく暑く、雨よりも自分の汗でビショビショ。

Dsc01240_800x600
1時間半で小屋に到着。無事にみんなと合流出来ました。

とりあえず、仲間と生徒さん達に平謝りすると、逆に「来ただけエライ!」と称賛されてしまい、変な感じになってしまう。本当にスンマセンでした<(_ _)>

この日も、酒をたらふくご馳走になり、下見の時は不味かったらしい夕飯で美味しいカレーを食いました。荒さんと結構酔っぱらってしまい就寝。大部屋でみんなで雑魚寝。朝最後まで寝てるとみんなに踏まれました。

朝食は、弁当にしてもらい5時出発。少し雲が上がってきたけど、雨が上がって良かった。

Dsc01248_800x600
1時間ほど登り、藪沢カール手前の広場で朝食タイム。

北アルプスや八ヶ岳が良く見えます。

Dsc01250_800x600
藪沢カールのど真ん中にある仙丈小屋で小休止。

Dsc01252_800x600
自分が付き添った2班の皆さんは、誰も遅れることなく、強くしっかりとした足取りです。

稜線の向こう側には、標高1・2・3の富士山・北岳・間ノ岳(最近、標高が見直され、3190mの奥穂高岳と同率3位になりました。)が見えるはずですが、急がないとドンドン雲が湧き上がってきます。

Dsc01257_800x600
残念ながら、富士山だけは、雲に隠れてしまい1・2・3の揃い踏みとはいきませんでした。しかしながら、オレは初めて来たので、100名山ゲットです。

ここからは、小仙丈ケ岳を経て長い下りです。少し膝に違和感がありましたが、全員無事に北沢峠に下山。団体は、融通が利くらしくすぐにバスを回してもらえました。予定よりも早く、仙流荘に到着。ゆっくりお風呂に入り、伊那名物のローメンを食べました。感想は、もう食べる事は無いでしょう。

帰りは、当然自走ですが先輩方が気を使ってくれて、荒さんが横川SAまで助手席に乗ってくれました。みんなと別れて18時本庄帰宅。

誰もいないので、1人で知り合いの鮨屋に飲みに行く。するとチャリ上がりの岡リーダー御一行に出くわす。狭い街です。1人なのに結構呑んでしまい帰宅。

ホントに幾つになっても懲りないです。40歳になったら大人な飲み方になるのかなぁ~(+_+)

皆さん、お疲れ様でした(^_^)v

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

食い過ぎた・・・

週末に会の50周年記念山行として、北アルプスピッケルリレーが開催されました。3パーティに分かれて、燕岳~西穂高岳を縦走しピッケルをバトン代わりにつなぐという企画です。オレらは日程の関係上、槍ヶ岳~奥穂高岳を担当することになった。更に当初2泊3日の計画を仕事の関係上1泊2日の弾丸縦走となった。

  • 日程:2014年7月26日(土)~27日(日)
  • 山域:北ア 槍ヶ岳~奥穂高岳
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ
  • 天気:1日目 晴れ・2日目 雨のち晴れ

1日目 7/26
上里(5:40-8:40)沢渡(9:00-9:20)上高地(9:30-12:00)横尾山荘(12:30-13:40>槍沢ロッジ(14:00-15:40)天狗原分岐(15:50-17:25)槍ヶ岳山荘

2日目 7/27
槍ヶ岳山荘(5:40-7:30)南岳(7:30-9:45)北穂高小屋(11:30-12:45)涸沢岳(12:45-13:50)奥穂高岳(14:10-15:10)紀美子平手前(15:20-16:45)岳沢小屋(17:00-18:30)上高地(バス-沢渡-十字路)22:40上里

7/26 1日目
前夜いつもの通り、飲み過ぎてしまい、気持ち悪い中出発。道中眠いし気持ち悪いしで参りました。両津と沢渡で待ち合わせであったが、少し待たせてしまった。

準備をしてタクシーに乗り込む。3人だとバスと数百円しか変わらないので、タクシーの方がいいでしょう。

春に来たばかりなので、記憶に新しい上高地を出発。

Dsc01154_800x600
天気は、快晴です(^_^)v

序盤酒が残っている感じだったが、横尾に着いた頃には、大分元気になりラーメンとビールで腹を満たす。

槍沢ロッジまでは、全然高度を稼げず、ただただ長いだけ。トレラン向きのコースですな。
大曲を越え雪渓歩きになると一気に高度を上げていく。

Dsc01164_800x600
基本沢筋なので、いたるところで冷たい水が汲めます。

Dsc01172_800x600
お坊さんが籠ったという祠を超えると、槍が姿を現しました!尖っててカッチョイイ!

17時半に槍ヶ岳山荘に到着し、無事に1区の仲間からピッケルを受け取りました。

Dsc01179_800x600
夕飯は、酢豚。おいしくて大盛りゴハンをおかわりしてしまいました。酒が飲めなくなるほど腹が一杯になってしまう。

7/27 2日目
5時の予定だった朝食が4時半に準備されて、早めに出発することが出来ました。この日は、今回のメイン大キレット越えです。オレは初めてなので、楽しみです。

天気は、ガスで真っ白。小雨が降る中出発。カッパの上だけ着ていく。

間もなく、降雨が強まったのでパンツも履く。

Dsc01197_800x600
岩が濡れて嫌らしい(--〆)

Dsc01198_800x600
手袋も濡れて、指が冷たい(+o+)

Dsc01199_800x600
トトロが立ってるような岩に遭遇\(◎o◎)/!

Dsc01202_800x600_2
北穂高小屋に着いてビールを飲んでると、ドシャ降りになり雷鳴も轟く(+_+)カッパと靴を脱いで小屋内に避難。気持ちも萎えて、下りたい一心で3区の仲間と連絡を取ると予定通り岳沢から登ってると言う。しょうがないので、カレーを食ったりして2時間弱待つと小雨になったので、出発。

Dsc01203_800x600
小屋から数歩で山頂。

大キレットよりも北穂~涸沢岳間の岩場の方が嫌らしく感じました。穂高岳山荘で3区と合流予定の両津も「ヒマだから」と言って、奥穂まで付き合ってくれました。

Dsc01207_800x600
祠がキレイで立派な石造りに建て直されてました。

Dsc00997_800x600
ちなみに3か月前の春に来たときは、こんな祠でした↑

Dsc01210_800x600
山頂で大休止していると、急激に雲が流れて青空が出ました!

両津と別れて出発。3区のメンバーも順調に上がって来ているとの事なので先を急ぐ。

Dsc01215_800x600
前穂北尾根も良く見える。俯瞰で見るとあんな所良く登ったなぁ~と我ながら思ってしまう。

紀美子平の手前付近で3区の仲間と会う事ができ、無事にピッケルを受け渡す。ピッケルリレー成功を祈り下山する。帰りは2人でタクシーだと割高となってしまうので、最終バスの18時半を目指して頑張る。

Dsc01221_800x600_3
西穂も良く見える。重太郎新道でヒザ痛が始まるが、サポーターのお陰か何とか遅れることもなく岳沢小屋に到着。コースタイムよりかなり縮められたので、ビールを飲む。

残りの林道も頑張って下り、18時45分発の最終バスに間に合う事が出来ました。

たくさん歩いた自分へのご褒美に十字路でまたしてもゴハンをおかわりして満腹になりました。

翌日の報告で、3区のメンバー全員が西穂に立ち無事に下山しピッケルリレーが完了されました。

登山は、自分と向き合って成し遂げるものだと思っていましたが、今回のようにチームで力を合わせて成し遂げる形もイイものだと感じました。皆さんお疲れ様でした。

追伸:帰ってから体重計に乗ったら3キロも増量していました\(◎o◎)/!いくらたくさん歩いても下界と変わらぬ食生活をしなければならないと思い知らされました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »