« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の5件の記事

2015年6月26日 (金)

ショック(ToT)/~~~

日曜日は長年計画倒れだった谷川馬蹄形に行ってきましたよ(^_^)/

  • 日にち:2015年6月20日(土)
  • 山域:谷川岳・馬蹄形縦走
  • パーティ:単独
  • 天気:晴れ後曇り後雨

本庄(2:30-4:00)土合橋(4:20-6:20)白毛門(6:25-7:55)朝日岳(8:00-9;15)清水峠(9:20-10:00)七つ小屋山(10:00-10:35)蓬峠(10:35-11:10)武能岳(11:15-12:25)茂倉岳(12:35-12:50)一ノ倉岳(12:50-13:35)オキノ耳(13:40-14:00)トマノ耳(14:00-14:40)ラクダの背(14:40-15:40)登山指導センター(15:40-16:00)土合橋

前夜は、クライミングアフターは無しで帰る。パッキングをして仮眠をとる。

2時に起床。シャワーを浴びて出発。長い1日になる事を考えて、前夜から朝食は上里SAの「吉野家」でガッツリと決めていたのだ(*^。^*)上里SAに到着するが吉野家が見当たらない・・・。ウロウロしていると白い壁に覆われたカウンタースペースがあり6/14で閉店した旨の張り紙が貼ってあった(T_T)

ショックのあまりボー然と佇む。何だか頭に来たので、ラーメン・カレーライスのデブセットをいっとく。かなり胃がもたれた(>_<)

水上ICで下りてコンビニでトイレと買い出しを済ませる。白毛門Pに到着すると車は3台。ちょっと予定よりも遅れてしまったので、急いで準備をして出発。薄明るくなってきたのでヘッデンなしでも見えた。

30分登って汗だくになり、長Tシャツを1枚脱ぐ。その間に単独の若者に抜かれる。日が昇ってくると眼下に雲海が出てきて、ブロッケン現象も見れた(^_^)/

Dsc02801_800x600

単独のオジサンを抜いたが、さっき抜いて行った若者がメチャメチャ速い。つい追ってしまい、予定よりも大幅に早く白毛門に着いてしまった。

Dsc02805_800x600
かなりオーバーペースなのでサプリを1本いっとく。

Dsc02810_800x600
笠ヶ岳を過ぎて朝日岳でおにぎりを補給。2人パーティがやってきて、また抜かれる。

ジャンクションピークを過ぎて清水峠に下ったとこで、さっきの2人パーティを抜く。ブヨの襲来に遭い水分補給のみの立ち休憩で七つ小屋山に向かう。単独のオジサンを抜く。

ここから先は未知の領域。ジャンクションピークからの大下りでヒザに違和感を感じたので、ここからダブルストックで行く。七つ小屋山でおにぎり補給。

そして蓬峠。清水峠からここまで意外とあるのね。

Dsc02824_800x600
蓬ヒュッテは、解体されて骨組みだけになってた。今夏には新装されるみたい。

そして、天気が怪しくなってきて稜線はガスの中になった。武能岳の登りで最初に抜かれた単独の若者を抜く。かなりへばっているようだった。見えてる限り補給している様子が無かったのでシャリバテと思われる。

核心の茂倉岳の登りの前にサプリを1本。あまり使ったことないけど効く気がする。

想定してはいたものの、かなりきつくてバテバテになってしまう。こまめに水分補給しているつもりでいたが、軽く脱水状態だったみたい。

Dsc02830_800x600
ヘロヘロで茂倉岳に到着(+o+)ここまで来れば終わったようなもんだ。

Dsc02832_800x600
オキノ耳で最後のおにぎり補給。

Dsc02835_800x600
そしてトマノ耳。ロープウェー営業してないのに意外と人がいたなぁ。

西黒尾根を一気に下る。ラクダの背を過ぎたあたりで雨に捕まるが難所は過ぎたので問題なし。ストックを仕舞って更に加速。

最後はずぶ濡れになったが、軽く熱中症になってたので涼しくてちょうど良かった。

山頂には、素人っぽい感じの登山者が大勢残ってたが西黒尾根だったら下るの大変だろうなぁ~。

ロープウェーのワイヤー張り替えの大工事を脇目に白毛門Pに戻ってシューリョー。

今回で5回目の計画だったか?2回は半分で敗退下山。あと2回は計画だけで前日中止。いずれも天候に恵まれずダメだったが、ようやく忘れ物を取ってきた感じだった。タイムも予想よりもはるかに速かったし。あの若者に引っ張られたおかげだな。

久しぶりに充実した山行となりました。

もうやりたくないけど、5年か10年後大変さを忘れた頃に今度は時計回りで行ってみようかな(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

たまには・・・

日曜日は、地元の先輩達を連れて両神山に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年6月14日(日)
  • 山域:奥秩父・両神山 八丁峠ルート
  • パーティ:オレ・ランチ・油売り・酒屋・税金
  • 天気:曇り

上里(7:00-8:50)上落合橋(9:00-10:30)西岳(10:30-12:40)両神山頂(13:30-14:40)上落合橋-16:30上里

昨年から山にハマってる油売りからずっと誘われてて、お世話になってるし1回ぐらいは付き合うかって事で、行くことに。

近所の税金を拾って、油売り自宅に集合。途中、コンビニで調達して神流町に向かう。八丁トンネル手前には見た事無いぐらいもの凄い車が停まってた。20台位あったかな。上落合橋に到着と前回はゲートが閉まっていたが、冬季閉鎖だったらしくいつもの所に停められた(*^。^*)

準備をして出発。税金は、完全にシロートさんなので服装が綿シャツだったから、休憩時はさみーだろうと思う。

いつもながら、八丁峠までの急登には息が上がる。ゆっくりペースで頑張ってもらい八丁峠のベンチで1本入れる。税金はかなりきつそうだったが、野球部出身なので根性で登る。

ここからは、鎖場の連続だ。今回は、ペースもゆっくりなので鎖を使わずにフリーで登ってみる。全部Ⅲ級程度だった。

Dsc02790_800x600
武甲山でトレーニングを積んできた油売りも予想外にきつかったらしい(^・^)

途中、高齢の4人パーティに行く手を阻まれる。何やら足の置き方を色々とジジイがババアに指図していて、とにかく遅い!!先を行かせてもらえたが、あのペースじゃ山頂無理だろう。途中で引き返すにしてもヘッデンになるんじゃね?大丈夫だったんかなぁ~。

税金の様子を見ながらピーク毎に小休止を入れる。

Dsc02793_800x600
3時間半で登頂\(^o^)/

山頂は、大賑わいなので、少し下ったとこのベンチで飯にする。凍らしてきたビールが溶けてなくて、湯煎して飲む(●^o^●)

いつもの作業道を下って、1時間強で上落合橋に戻ってきた。

地元に帰りいつものヤキハンで下山祝いをしました(^_^)/

お疲れちゃんでした(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

楽しいぜ(^_^)v

今シーズン初の沢登りに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年6月6日(土)~7日(日)
  • 山域:奥秩父大洞川・和名倉沢
  • パーティ:岡リーダー・マッチさん・ソムリエ氏・荒さん・両津・オレ
  • 天気:晴れ
  • 装備:基本装備・フェルト

1日目 6/6
本庄(6:30-8:30)三峰観光道路P(9:00-9:45)入渓点(9:45-10:50)弁天滝(10:50-11:40)氷谷(11:40-12:40)通ラズ(12:40-13:40)船小屋窪(13:40-17:00)1470mテン場

2日目 6/7
1470mテン場(9:00-9:25)3段25m(9:30-10:00)1680m二俣(10:00-11:50)和名倉山(12:30-16:15)二瀬ダム=本庄18:30

岳連の60周年って事で、各会で分担して埼玉の山を登るっていうお役目で、深谷は和名倉山と雁坂嶺が担当となった。せっかくなので有名な和名倉沢を泊まりで行こうってことになった。

前日、パッキングに大変悩んだが、やはり「大は小を兼ねる」って事で、デカザックで行くことにした。1泊とはいえシュラフやら肉やら以外と重くなったしね。

朝、ウチで岡リーダーを待つが時間になっても現れないので電話してみるが、つながらない・・・これはマズイと思いつつしばらく待ってると掛かってきて寝坊との事だった。しばらく待って出発。最初のコンビニは、ゴルファーだらけで何にもないので、もう一軒寄って朝食と行動食を買う。

大滝温泉に着くとみんな揃って待っていた(+o+)トイレを済ませて出発。両津の車を下の吊り橋に停めて、観光道Pに到着。

準備をして出発する。2つ目のカーブミラーからダム湖へ下りる。吊り橋を渡って、湖を上がっていくが、間違ってテド沢に出てしまった。引き返すと吊り橋から右に上がるのが正解だった。

そして、入渓。1年ぶりに水に浸かる。6月の奥秩父の水は冷たい(>_<)積極的な水流突破はこの時点で無いと思った。

奥秩父らしい苔むした景観を眺めながら、それぞれ水流を行く者、沢沿いの踏み跡を行く者と自由に行く。

Dsc02680_800x600
トップを行かせてもらい、好きに遡行を楽しむ(●^o^●)

Dsc02686_800x600
天気も良く気持ちがイイ!

Dsc02687_800x600
7mは右岸を巻く。

Dsc02692_800x600
そして弁天滝13m左岸グズグズのルンゼを高巻く。

Dsc02695_800x600
イイね~。

Dsc02702_800x600
少し、マッチさんが遅れ始める。

Dsc02705_800x600
基本遡行図通りに巻く。直登出来そうな滝も濡れると寒いので。

Dsc02707_800x600
左から氷谷が美しく出会う。

Dsc02709_800x600
美しいナメの連瀑。

Dsc02712_800x600
やはり、秩父は苔とナメだいね。

Dsc02713_800x600


Dsc02715_800x600
大変癒される(*^。^*)

Dsc02721_800x600
出ました通ラズ。確かに水量が多すぎてとても突破する気になれません。右岸を大高巻き。FIXがあるが頼りないのでロープを出した方がイイかも。

Dsc02725_800x600
2段40m左岸を巻く。ルンゼを登りテープを目印にトラバース。

Dsc02736_800x600
そろそろ、本日の幕営適地を探しながらとなるが、良さそうなところが何カ所かあったがジャンボを張るには狭い。初めて沢にはジャンボはダメだと気づく。

Dsc02742_800x600
3段5m右岸を巻く。

Dsc02749_800x600
直登したい衝動にしばしば駆られるが、水流を浴びると正気に戻る(+o+)

Dsc02753_800x600

最後は、トポ通り右からの枝沢に出合う1470m左岸にジャンボを張れるスペースを見つけ、幕営準備。焚火をするが、薪が濡れていてナカナカ付かない。ビールで乾杯するが寒いので、テント内で焼肉パーティ(*^。^*)ソムリエ氏が用意してくれたタンドリーチキンも大変美味しくて、絶好調で酔いつぶれてしまった。12時近くまでやって就寝。パンツ一丁だったので朝方何度も目が覚めてしまった。ソムリエ氏と両津はそれぞれシーツとカバー一丁だったらしく寒くて全然眠れなかったらしい。

2日目 6/7

8時起床。舐めてんのかっ!って時間だ(-_-メ)
体調は当然絶不調。頭が痛かったが何とかカレーを流し込む。味噌汁を飲んだら少し目が覚めた。

撤収して、9時出発。肉と酒が無くなった分ザックが軽くなった事が救いだ。

昨日と同様にオレトップで行くが、頭がボケてるらしく直登か巻きの判断を何度もミスる。マッチさんは元気になったらしく、トップを行ってもらう。

Dsc02756_800x600
朝は明るくて美しくて、まるで別の世界に来たようだ。朝一の入水は気が滅入るけど・・・

Dsc02761_800x600
水流も細くなっていくにつれ、直登を楽しめるがそれは終わりが近づいてる事も示している。

Dsc02763_800x600
3段25mは左岸を高巻き、やがて1680m二俣。

1:1二俣を左に上がるが、岡リーダーがもっと上だろうって事で、右に戻る。すぐにまた二俣だが、一気に水が枯れてきたので、水を汲んでおく。左を詰めて途中から尾根に上がる。急登に息が上がるが、傾斜も緩んでくると踏み跡っぽいのがちらほらある。標高的には、大分近づいたが山頂付近はだだっ広くて良く分からん。両津が携帯で方向を確かめながら行き、ようやく登山道に出ると間もなく山頂に到着した。

Dsc02773_800x600
記念撮影をして、装備を解いて少し補給する。

ここから長い長い下りです。ひたすら下る。急な下りはツルツルシューズの両津とフェルトの荒さんが大変そうだった。ソムリエ氏も膝に爆弾を抱えるが、途中で飲んだ痛み止めが効いたらしく、思いのほか順調に下れてシューリョー。

やはり泊まりの沢は、楽しいやね(●^o^●)このメンバーならどこで泊まっても、クルクルまで飲んでしまう。今年は、融雪も早いという事なので、もう2,3本泊まりで行きたいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

いてて(>_<)

日曜日は、岩登りに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年5月31日(日)
  • 山域:名栗・河又
  • パーティ:岡リーダー・マッチさん・エリート氏・オレ
  • 天気:晴れ

お初の岩場に行ってきたよ(^_^)v

キャンプ場に駐車料金¥500を払ってアプローチ20分鍾乳洞への案内看板がある。

Dsc02655_800x600

なかなかの急登を登り、コウモリ岩(鍾乳洞)に到着。

  • ミヤザキミドリ 5.10a 1テン
  • 大将 5.10c TR 撃沈
  • ターミナル・ドライブ 5.10b TR 撃沈
  • サファイヤ 5.10d TR 撃沈
  • 麦畑 5.10b TR 1テン

Dsc02660_800x600


Dsc02661_800x600


Dsc02662_800x600


早々にウデも終わって昼飯にする。

全然復活しないまま午後の登攀。

  • 忍吉 5.9 撃沈
  • ムーンビーム 5.9 撃沈
  • タミちゃんがハイ 5.8 TRでRP

全然登れなかったケド、楽しい岩場でした\(^o^)/今回は空いてたし、また来たいですな。

それにしても夏合宿から岩やり過ぎてあちこち痛い。指の関節やら手首やら肩やら・・・年かな(+o+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

ようやく・・

遅い報告です。先月末に黒岩に行ってきました。

  • 日にち:2015年5月10日(日)
  • 山域:榛名・黒岩
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・エリート氏・セキサン・ソムリエ氏・荒さん・両津・オレ
  • 天気:晴れ

会の岩登り講習って事で、久しぶりの大人数で行くことになった。帰りに本庄で懇親会を予定しているため車3台に分乗していく。

着くと既に車が結構停まってて、ウチラの3台を停めたらいっぱいになった。

準備をして出発。10分ほどのアプローチだが、いつも息が上がる。既に練習岩や岳友会は講習っぽい大人数で登られてる。今日は、両津のリード練習なので西稜に向かう。

カトサン・セキサン、両津・エリート氏で西稜を登る。オレ・荒さん・ソムリエ氏でヤンキー稜。ロープの流れに気を使わないと全然流れなくなる。核心のトラバースで足を拾うのに苦労してしまった。

Dsc02612_800x600
両津は、安定して西稜をリード出来たようだ。

途中でチャリで登ってた岡リーダーも合流。ソムリエ氏と下の岩場に行く。

荒さんリードで18番ルンゼを登る。他はヤンキー稜を行く。終了点に着くと西稜の下降から登ってくるパーティが居たので、ルンゼを下降するかと思ったが、ヤンキー稜の両津がしばらくかかりそうだったので、ヤンキー稜終了点までトラバースして懸垂セットした状態で両津達を待つことにした。懸垂に2人増えたけど予め懸垂セット出来たので時間的に大して変わらないだろう。講習感も出るしね(^_^)v

昼飯を食ってフリーに行こうと思うが、みんな取付いてて全然空きそうもない。

仕方ないので、苦手なオケラをリードしてみる。

Dsc02621_800x600
気合の初RP(^_^)v長い事かかったけど嫌いだわ・・・

次は、TRが掛かってたがクライマーが不在なので、ロープを端に寄せて夏子を登る。覚えてるのでRP出来たが何かしっくりこない。両津もテン山だったが何とかトップアウトして前回のリベンジを果たした。

Dsc02618_800x600


帰りは、本庄のもつ鍋屋さんでガッツリいっとく(*^。^*)なぜか荒さんは、勝手に焼肉だと思ってたらしく、おもしろかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »