« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の1件の記事

2015年9月10日 (木)

やっぱイイネッ(^^)v

土曜日は久しぶりの沢登りに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年9月5日(土)
  • 山域:奥多摩・峰谷川・坊主谷遡行~茂窪谷下降
  • パーティ:ソムリエ氏・カトサン・オレ
  • 天気:晴れ
  • 装備:基本装備・8.1mm×50m1本・フェルト

深谷(6:00-8:30)峰谷林道P(9:00-9:40)3m滝と9m滝(9:50-10:20)3段16mと9m滝(10:30-11:50)取水槽(11:50-12:40)鷹ノ巣避難小屋水場(12:40-13:30)茂窪谷下降(13:30-14:00)わさび田作業小屋跡(14:05-15:00)懸垂下降(15:10-15:55)モノレール格納庫(15:5-16:15)入渓P(16:30-18:30)深谷

数日前にお誘いメールを送るが誰もヒットせず、どうすっかなぁ~と思ってると、ソムリエ氏のカヌー予定が無くなったって事で、2年前に現地まで行って沢靴を忘れて敗退した坊主谷に行くことになった。前夜のクライミングデーにカトサンがやってきて仕事が一段落したって事でカトサンも参加。3人になった。

クライミングアフターで飲み過ぎないようにと思ったが全然ムリ!朝目が覚めると気持ちわりー(+o+)

6時きっかりにカトサンがやってきて、ソムリエ氏運転で出発。超ねみー(-_-)zzz

渋滞も無く、青梅のコンビニで朝食と行動食を買って、峰谷の林道手前のトイレに寄り、入渓Pに到着。準備をして出発する。ここは、アプローチゼロですぐに入渓できる。

堰堤を2つ越えると連瀑のゴルジュ帯となる。水温は思ったよりも冷たくない。

Dsc03331_800x600
3mCS滝は、左から小さく簡単に巻けるがカトサンが果敢に取付いたので、最初っから濡れたくないなぁと思いつつ、オレも行ってみる。が・・・すぐに諦めクライムダウン。バランスを崩し釜へ胸まで浸かる。ソムリエ氏は少し右から取付き、水流やや上から突破する。

ゴルジュが終わり小滝をいくつも越える。すべて直登出来る。

Dsc03339_800x600
9m滝。ロープを出して、リードさせていただき水流左を登る。ガバが豊富で簡単。

Dsc03342_800x600
快適なナメやトイ状を楽しむ(●^o^●)

Dsc03344_800x600
本日のハイライト2段16m滝は左壁を巻き気味に登る。下山ルートが茂窪谷下降の予定なので林道前にヘッデンは避けたい。なので巻きか直登かの判断は、時間が掛からない方と決めて迷わず突破。

Dsc03348_800x600
終わると9m滝。ここもロープを出してリードさせていただく。釜から右壁に取り付き灌木に直上して灌木でランニングを取って、バンドを左上。少しハングした落ち口をのっこして灌木でビレイ。落ち口でシャワークライムになるかと思いカッパを着たが、思ったよりも濡れなかった。

Dsc03355_800x600
中ノ谷に出合い、わさび田跡が出現する。人工物に沢の醍醐味には欠けるが、昔の人の生活が垣間見えていい感じ。左岸に単管の巡視路が見えると取水槽が現れる。

ヒロタさんはシダノ沢を詰めていったが、最後藪漕ぎがあるらしいので、素直に坊主小屋沢を詰める。

Dsc03366_800x600
最後まで水流が途絶えることなく急登を登ると鷹ノ巣避難小屋の水場がある登山道に出た。

Dsc03368_800x600
すぐに鷹ノ巣避難小屋。めちゃめちゃキレイ。中も広々。何でも皇太子が登りに来ると言うのであっという間に作られたらしい。結局来なかったらしいが・・・

ゆっくり休みたいが、沢下降なので先を急ぐ。

Dsc03370_800x600
日影名栗山の巻き道を30分ほどトラバースすると、高丸山の直下に茂窪谷下降点。ヒロタさんの写真で確認する。ちょっと急なので隣の尾根から下って沢床に降り立つ。

ガレガレの沢を下降するとやがて左から水流が出てくる。わさび田作業小屋跡で休憩する。ここの沢は、泥が溜まっているらしく、自分たちで沢床を掻き回してしまう為、ずっと濁流の中を下るので、イマイチな景観(-_-メ)
Dsc03380_800x600
クライムダウンできない連瀑が現れ左岸を巻くが、落ち葉でグズグズな上、急なのでロープを出して懸垂下降。ウマい事滝を2つまとめて下りれた。

Dsc03382_800x600
茂窪谷は、直登出来る滝も少なそうなのでこっちを遡行するのは、あまりお勧めできないかな。

Dsc03383_800x600

またわさび田跡を過ぎるとモノレールの軌道と格納庫が現れる。そして左岸に金網の柵に囲まれた現役のわさび田が見えると林道に出た。

10分ほどで入渓点に戻りシューリョー。3人で握手を交わし、ソムリエ氏がずっと背負っていたビールで乾杯(●^o^●)持ってるなら言ってくれれば休んだのに。。。

もえぎの湯は激混みで入れず。オレは地元で飲み会の予定だったので真っ直ぐ深谷に帰って解散となった。

今回の坊主谷は簡単そうなんでチョイスしたんだけど、わさび田だらけで本物の沢屋には人気が無さそう。でもほとんどの滝を直登出来るしお勧めです(^_^)/わさび田跡も見方によってはイイ雰囲気だし。

茂窪谷下降を考えず浅間尾根下降ならば、2段16m滝でじっくり時間を掛けた方が楽しいかも(^_-)-☆

今シーズンもう1本位行きたいな!皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »