« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の2件の記事

2016年8月23日 (火)

風つよっ!!

毎年恒例の登山教室に引率で行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2016年6月26日(日)
  • 山域:那須・朝日岳
  • パーティ:一般45名・会員10名
  • 天気:終日強風

深谷(5:00-7:50)那須ロープウェイ(8:30-9:25)峰の茶屋避難小屋(9:35-10:10)朝日岳山頂(11:10-12:10)那須ロープウェイ~風呂~17時深谷

Dsc04709_800x600


今回は、朝日岳から三本槍までの計画でしたが、強風と午後からの悪天候も考慮し、朝日岳までとなりました。強風で有名な那須岳ですが、3回目にしてその所以が良く分かりました。無雪期に耐風姿勢とったの初めてかも(>_<)

参加者の皆さんは残念でしたが、安全第一!皆さんお疲れ様でした(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

やらかした(;一_一)

報告遅くなりました(-。-)y-゜゜゜

  • 日にち:2016年6月18日(土)ビバーク~19日(日)
  • 山域:谷川岳・一ノ倉沢 中央稜
  • パーティ:オレ・ソムリエ氏・両津
  • 天気:晴れ

1日目 6/18
本庄(4:00-5:30)谷川立駐(5:40-6:45)一ノ倉沢出合(7:05-9:00)中央稜基部(10:20-14:00)4P目(14:00-15:10)衝立の頭~下降間違え19時ビバーク

2日目 6/19
衝立の頭(4:40~北陵下降~6:20)略奪点(6:50-8:10)一ノ倉沢出合(8:20-9:00)谷川立駐(9:00-10:15)深谷

久しぶりの一ノ倉沢に入りました。そしてやってしまいました(T_T)

ソムリエ氏と両津が中央稜に登ったことがないという事で、計画しました。朝4時に両津に拾ってもらいコンビニで買い出しをして出発。立駐に登着し準備をして出発。指導センターでちょうど遭対協の人が詰めていたので、直接提出すると会長のハンコがあるとより良いと指導を受けました。

Dsc04646_800x600
3月に東尾根に来てるので分かってたけど、出合に雪渓は無い。

Dsc04652_800x600
右岸高巻きを見逃してしまい、いきなり渡渉となる。テールリッジ手前の懸垂下降で先行5人パーティに追いつくが、テールリッジで抜くことが出来ず取付きは譲ることに。

Dsc04661_800x600
のんびり準備をする。南陵は混んでないみたい。

Dsc04662_800x600
1P目 暑さが心配だったけど、風が心地いい(^_^)/でも日差しは強い。

Dsc04667_800x600
前の5人を待ちながら、のんびり登攀を楽しむ。

Dsc04669_800x600
4P目は、記憶よりも悪く感じた。

Dsc04670_800x600
4P目を終えたとこで、先行パーティは下山するとの事で懸垂準備をしていた。最初からそのつもりなら、もっと早く譲ってくれれば良かったのに・・・

ここからはスピード勝負!1時間で終了点に着く。

んが!!!!!!!!!!

過去に2回来てるのでろくに調べてこなかったオレの痛恨の判断ミス(+o+)北陵の下降点を間違えてしまい、終了点からコップ岩壁側に下りてしまった。1ピッチ下りた途中で違うと気付いたが、登りかえすよりもコップスラブまで下りてしまった方が早いだろうと思った。2人が下りてきたとこで、ザイルを3人で引くが全く動かない。結局は登り返し(T_T)25mでFIXを取って、2人同時に登れるようにしたが、衝立の頭に3人揃うのに3時間以上かかてしまった。既にどっぷり日が暮れてしまい、ビバーク決定(T_T)
ターフ状に張ったツェルトに3人で入り、カッパを着こんで足をザックに入れて寝ようとするが寒くてほとんど眠れず。僅かに残ったガスも終わり、朝を待つ。
Dsc04680_800x600
こんな綺麗なラペルステーションを忘れるとは(--〆)ホントに反省です<(_ _)>

略奪点から、衝立前々沢までがやけに近く感じ、違うんじゃないかと思うが合っていた。雪渓が無いとホントに何もかも違うのね。

本谷に下りた後、左岸にFIXを見つけそちらから下りたがこっちの方が全然早い!雪渓が無いときは、右岸高巻きよりもこっちだな。

義父の法事に何とか間に合ったが、女房には大目玉を喰った(>_<)

ソムリエ氏や両津には、CLとして未熟さを露呈してしまいスンマセンでした。

岡リーダーや会長にも心配掛けてしまい申し訳ありませんでした。

反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省反省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »