« デブまっしぐら(>_<) | トップページ | 油断した(--〆) »

2018年5月 8日 (火)

あち~(>_<)

今年のGWは、暦的に長く連休が取れたので前半合宿として白馬岳主稜に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年4月29日(日)~30日(月)
  • 山域:北ア・白馬岳主稜
  • パーティ:オレ・両津
  • 天気:晴れ

4/29 1日目
本庄(3:00-6:30)猿倉(7:00-8:30)白馬尻(8:30-11:40)八峰(11:40-13:50)五峰幕営

4/30 2日目
五峰(6:15-9:30)白馬岳山頂(10:10-大雪渓下降-12:30)猿倉-16時本庄

お誘いのメールを出すと両津が釣れた(^_^)/天気も良いし以前から行きたかった白馬主稜をやろうという事になる。

最近は、白馬尻BCから1dayアタックが流行ってるようだが、2人だし最高のロケーションで幕営するのも目的の一つって事で、アルパインスタイルで行くことにする。更に岡リーダーからは、ナイフリッジや雪壁の渋滞で全くはかどらないと聞いていたので、2泊分の装備にした。

3時に両津がウチに来て出発。コンビニで買い出しして高速へ。少し車は多かったが順調に行く。なぜか変なICに案内されて遠回りさせられる。多分グーグルのナビ案内を見落としたんだと思う。二俣のゲートは26日から通行止めが解除され、猿倉まで車で入れる。

猿倉Pに着くと数台空いていたが、ほぼ満車に近かった。半分以上はスキーヤーでした。

装備を分けてパッキングし、出発。警備隊の詰所で計画書を提出すると昨日4パーティ入ってるとのこと。今日も同じ位入ってるので中々盛況ですな。

Dscn0308_800x600_2
1時間半で白馬尻。テントが4張り、杓子尾根側にも数張りあった。山全体に岩やら樹林が出ていて雪が少ないとみる。

Dscn0309_800x600_2
傾斜の緩い主稜末端から取付く。

Dscn0311_800x600_2
すぐに急登となり息が上がる。八峰まで遠い。

Dscn0315_800x600_2
異常なほどに暑い(+o+)テルモスを入れてきたけど、冷たいのしか飲みたくない。ただの重しでした。単独の方2人に抜かれ本日の最後尾となる。

Dscn0321_800x600_2
八峰から七峰間は所々雪が切れていて、乗り移るのに少し面倒だった。

Dscn0327_800x600_2
白馬沢側に雪庇が張り出すとこも全部落ち切っていた。

Dscn0330_800x600_2
水分も残りわずかとなり、雪を口にしながら五峰ピークに出ると、昨日のものと思われるテン場があった。時間もちょうどいいいので、今日の行動はここまでとし、ありがたく使わせていただくことする。

さてさて本日のお楽しみ(*^。^*)宴の準備じゃ。テン場の整地が無かった分、両津がテーブルチェアの切り出しに精を出す。

Dscn0333_800x600_2
杓子岳や主稜をバックに、どんな高級リゾートにも無い最高のロケーションダイニングで宴会開始(^_^)/

Dscn0334_800x600_2
焼肉と鍋で大満足じゃ(●^o^●)お日様が国境稜線に傾くと一気に冷え込みテントに逃げ込む。鍋の残り汁でうどんをすすって腹いっぱいで就寝。今回軽量化で夏用シュラフにしたが、さすがに寒くて夜中に目が覚めた。

Dscn0341_800x600_2
2日目。3時に起きるがガスヘッドも1個に減らした分、水作りに手間取り今日も最後尾のスタートとなる。

Dscn0342_800x600_2
出来るだけ雪が締まってる間に最後の雪壁に取り付きたいので少し急ぐ。

Dscn0345_800x600_2
四峰から上も随所に幕営できるとこはある。二峰の正面岩壁を直登しようかと取付いたらかなり脆いので白馬沢側の雪壁を巻いた。

Dscn0347_800x600_2
何も語るまい。サイコーです。

Dscn0353_800x600_2
先行パーティはノーザイルで最後の雪壁を抜けて行った。見た限りロープの必要性を感じなかったが、後ろからのプレッシャーも無くせっかく担ぎ上げたんだしスノーバーでの中間支点も取った事がないので、雪訓がてらロープを出すことに。ちなみにしっかり階段状になっていて超簡単でした。

Dscn0357_800x600_2
登頂成功\(^o^)/両津をビレイ中一般登山者にパシャパシャと写真を撮られてました。

山頂は風が強くて寒いので、白馬山荘まで下って休むことにする。

Dscn0362_800x600_2
続々とスキーヤーが上がってくる大雪渓を下ってると、雷鳥が登頂を祝ってくれた。夏しか会ったことが無かったので、白いやつは初めて見た。

Dscn0363_800x600_2
傾斜がある程度緩んだとこでシリセード開始!両津はスコップ。オレはビニール袋にシュリンゲを巻きつけてケツに敷く。ビニールの方がスピードが出た。

2時間ちょっとで猿倉に着きました。帰りは途中のドライブインで美味しいそばを食って、多少の渋滞にはまったものの16時に本庄に帰った。肩の怪我でクサクサしている岡リーダーも呼んで地元で下山祝いをしました(^_^)/

憧れのクラシックルート白馬岳主稜。技術的に難しいとこは無いけど、天気に恵まれれば良いルートです。また来る機会があれば、今度は是非シーズン初登を狙いたいですな(*^_^*)

|

« デブまっしぐら(>_<) | トップページ | 油断した(--〆) »

山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590546/66694703

この記事へのトラックバック一覧です: あち~(>_<):

« デブまっしぐら(>_<) | トップページ | 油断した(--〆) »