« ムズかった(--〆) | トップページ | 気持ちよか~(*^。^*) »

2018年6月 6日 (水)

怖~い(>_<)

岩シーズン最初の谷川に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年5月27日(日)
  • 山域:谷川岳・一ノ倉沢凹状岩壁
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ
  • 天気:ドぴーかん

上里(4:00-5:30)指導センター(5:50-6:10)一ノ倉沢出合(6:25-7:40)中央稜基部(8:00-8:50)3P目終了点(9:00-12:00)終了点(12:30~北陵下降~14:40)略奪点(15:00-16:00)指導センター~18時上里

過去2回悪天候と救助手伝いで敗退している凹状岩壁。3度目の正直となるか!

4時に岡リーダー宅に集合し、両津車にMTB3台積み込む。前後輪外したら積めた(^_^)/

指導センター手前の激坂を漕いでると去年に続いてまたランナーに会う。昨日マチガで雪崩があったとか。二日酔いの両津は既に虫の息(--〆)

Dscn0450_800x600
ここからは、少し傾斜も緩むので一般ハイカーやクライマーをごぼう抜きする。

Dscn0452_800x600
一ノ倉出合で一服。チャリアプローチはウチラだけだった。水を汲んで1.5L担ぐことにする。

Dscn0454_800x600
雪渓は例年通りな感じ。今回は珍しくストックを持ってきたので、衝立前沢の懸垂地点にデポしていく。

Dscn0458_800x600
入山規制が解除されて最初の週末という事もあって、南陵・中央稜とも大盛況な模様。取付きに着くと後続を待つオッチャンが凹状岩壁だと言う。先に取り付けて良かった。

1・2ピッチ岡リーダーリード。中央カンテに先行パーティが登ってる模様。

Dscn0460_800x600
3P目からリードさせていただく。

4P目核心ピッチ。気合を入れてさぁ登ろうと見上げると中央カンテから無数の落石が飛来(>_<)「ラクラク!」と叫ぶ。一瞬避けようと身構えるが、壁に衝突し無数に飛び散った様子を見て無理と判断し、壁に身を伏せる以外に術は無かった。思ったより音も大したこと無く。一番危険な位置にいたオレもスネに一発食らっただけでかすり傷程度で済んだ。運が良かった。

Dscn0461_800x600
核心部は、技術的な難しさよりも、さっきの落石の恐怖で手足が縮こまり時間が掛かってしまう。二人には危険地帯に長居させてしまって申し訳なかった<(_ _)>

Dscn0463_800x600
6P目 中越地震による崩壊ピッチ。

Dscn0468_800x600
7P目 意外と手掛かりのない草付を抜けて最終ピッチへ。

Dscn0470_800x600
8P目 岡リーダーに今日イチ快適だからとエールを受け取付くとホントに快適。明らかに硬い岩質になり、ホールドも豊富で落石以来初めて登ってて楽しかった(^_^)/

Dscn0473_800x600
終了点でザイルを畳んで、補給する。

5m懸垂地点にはFIXが掛かっていたが、ぼろくて使う気にならなかったので、捨て縄を付け替えて懸垂した。

北陵の下降は、両津が先頭で下りる。最後の空中懸垂手前のピッチを間違えて初めてのとこに下りる。残置支点があったが、ここもボロかったのでまた付け替え。

Dscn0478_800x600

衝立前沢手前は、ナカナカの雪渓があり、軽アイゼンを使用した。12本爪ならなんてことないけど、6本爪では結構怖かった。

出合からチャリでバビューン!てな感じで10分で立駐に帰ってきました。

帰りは少し渋滞にはまり、途中から下道で帰った。

ピザ屋で下山祝いをしてリベンジを祝いました(*^。^*)

|

« ムズかった(--〆) | トップページ | 気持ちよか~(*^。^*) »

山行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590546/66787007

この記事へのトラックバック一覧です: 怖~い(>_<):

« ムズかった(--〆) | トップページ | 気持ちよか~(*^。^*) »