« ええね(*^。^*) | トップページ

2019年9月26日 (木)

マンゾク(●^o^●)

連休は泊まりの沢に行ってきました(^_^)/

  • 日程:2019年9月15日(日)~16日(月)
  • 山域:谷川岳 利根川水系・湯檜曽川本谷
  • パーティ:カトサン・両津・魚屋・オレ
  • 天気:晴れ時々雨

9/15
本庄(5:30-7:00)白毛門P(7:15-8:50)武能沢下降入渓(9:15-10:00)ウナギ淵(10:00-10:30)十字峡(10:30-11:00)抱き返り滝(11:15-12:10)七つ小屋沢出合(12:10-13:10)赤茶2段滝(13:10-14:00)40m大滝(14:00-15:30)二俣泊

9/16
二俣(7:35-左俣遡行-8:00)2段滝(8:30-9:20奥の二俣(9:20-9:50)稜線1700m(10:00-11:10)朝日岳(11:20-13:15)白毛門(13:30-15:20)白毛門P~本庄16時半

今回は2年前に岡リーダーと1dayで行った湯檜曽本谷。いつかはのんびり泊まりで焚火でも・・・と思っていたが、意外に早くそのチャンスが訪れた。岡リーダーは体調不良で辞退になったんで、4人。荷物は1泊でも何だかんだで多くなり、75Lザックでパッキングした。

マイカーが諸事情で入院中だったんで、久しぶりに両津に車を出してもらう。5時半に自宅に集合し、コンビニ寄って高速へ。前回は5時過ぎには歩き始めていたので、ゆっくりだ。

順調に到着し、魚屋と合流。白毛門Pはほぼ満車だった。沢ヤも1パーティいた。準備をして、共同装備を分けてパッキング。魚屋のザックが小さくて、登攀具は全て身に着けてスタート。

土合橋を渡り、林道に入ると最初の橋が綺麗に直ってました。巡視小屋で1本とって武能沢を下降する。河原に出て沢準備をする。

Dscn1586-800x600
前回は、ウナギ淵で水が冷たすぎて泳げなかったんで、下だけウェットを履く。いざ入渓と言ってもいきなり深いので左壁をへつる。

Dscn1591-800x600
魚止の滝。左壁のFIXを使って、巻き道へ。

Dscn1593-800x600 
河原歩きも美しいです(●^o^●)

Dscn1600-800x600
んで「ウナギ淵」前回は水が冷たすぎて左岸を巻いたが、今回はウェット着用で泳ぐ気満々!

Dscn1602-800x600 
この為に朝も遅らせた甲斐もあって、日が当たって悠々と泳ぎを楽しめました(^_^)v

ホラの貝ゴルジュでのトラウマ中で両津だけ巻いた(-_-メ)

Dscn1603-800x600
廊下が終わり、左折するとこは左壁を簡単に上がる。

Dscn1616-800x600 

Dscn1626-800x600 

Dscn1639-800x600
10m垂直滝。水流中に両津。カッパ無しで行けるかと突っ込んだが戻ってカッパ着ました。

Dscn1642-800x600
赤茶けた2段滝。下段を簡単にフリーで行って、上段は両津リード。

Dscn1649-800x600
40m大滝。前回はノーザイルだったが、今回魚屋もいるんで両津リード。草付まで行かずに切ってしまったので、カトサンが5m伸ばす。

Dscn1651-800x600
二俣到着。広いとこは先行パーティが居たので、左岸の狭いとこで。4天ギリだった(-_-メ)前回よりも流木も少なく、ちょっと寂しい焚火で宴会開始!
食糧は各自としたが、ソーセージとモツ煮でみんな大変満足だった。持ってきた酒も尽きたんで、21時過ぎに就寝。

翌朝、天気が崩れる予報だったんで、早出しようって言ってたのに寝坊(+o+)まぁウチラらしい。前夜の宴会で両津と魚屋に二俣どっちに行きたいか任せると左股となった。オレとカトサンは前回右だったんで、winwinって事だ。

Dscn1657-800x600
左に入ってすぐのCS滝。突っ張りで突破。

Dscn1661-800x600
ここはムズかった。2段滝の下段はⅣ級。両津とオレで上がって上からロープを垂らした。

Dscn1664-800x600
ここは冷たかったー!トポにある通り左股の方が、小さいが面白い滝が連続する。奥の二俣を左に行き、水流が無くなる。
んで、どこか間違ったのか?まあまあの藪漕ぎに突入する(+o+)30分ほど漕いで背丈より低くなると左手に草原が見えたのでトラバースする。

トラバースを終えると、すぐに稜線(1700m)に出た。沢筋から外れた意識は無かったが少しあがり過ぎていたようだ。

Dscn1671-800x600

装備を解いて登りの下山開始。JPを過ぎて朝日岳まで遠かった(>_<)アップダウンで笠ヶ岳。白毛門でようやく下りになる。

濡れた装備が重くて、バテバテで駐車場に到着。着替えて魚屋と別れる。下山報告を入れようとスマホの電源を入れようとすると入らない・・・
水没していた(T_T)ウナギ淵で泳いだ時に違いないが、ジップロックが使いまわしで古く穴が開いていたらしい。

地元に帰りすぐにドコモショップに直行した。楽しい泊まりの沢だったが、最後にケチがついてしまった。
皆さん沢では常に新品のジップロックを使いましょう!

|

« ええね(*^。^*) | トップページ

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ええね(*^。^*) | トップページ