カテゴリー「岩」の10件の記事

2018年9月29日 (土)

疲れた~(+o+)

夏合宿での3日間停滞のリベンジで滝谷に行ってきました(^_^)/

  • 日程:2018年9月23日(日)~24日(月)22日前泊
  • 山域:北ア・北穂高岳・滝谷出合~第四尾根
  • パーティ:岡リーダー・オレ
  • 天気:晴れ

22日(土)前泊
上里(19:00-22:30)新穂高駐車場~鍋平駐車場

23日(日)
鍋平P(2:10-4:20)白出沢出合(4:20-5:35)滝谷避難小屋(6:00-6:40)雄滝(7:00-10:00)ナメリ滝(11:25-15:30)C沢二俣(15:30-17:00)スノーコル~スーノーコル上部ビバーク

24日(月)
スノーコル上部(5:00-11:00)第四尾根終了点(12:00-13:30)穂高山荘(14:10-16:50)蒲田川右俣林道(17:00-19:00)新穂高~車取り~食事=24時上里

週末が近づくにつれ天気予報とにらめっこ。どこも微妙な予報であったが、一カ所強気な晴天予報だったので決行することになった。

今回は日帰り装備で下から一気に第四尾根を落とそうという行動時間の長い過酷な計画。装備も削れるだけ削って、更に蒲田川右俣林道も短縮するためチャリアプローチを提案する。白出沢出合まで標高差400mあるが何とかなるだろうと。。。

22日19時に出発。コンビニ2回寄って、トイレ休憩したりで4時間弱で新穂高に到着。登山口に一番近い有料駐車場は、夜間はゲートが閉まっていて入れない(>_<)知らなかったがロープウェー客専用って感じだ。その次の無料駐車場は既に満車。そんなことですんげ~下ってまた登って鍋平駐車場に行かされる。この時点でチャリアプローチは断念せざるを得なくなった。前泊用に持ってきたテントを張り、プチ宴会をして0時近くに就寝。

23日 1時半起床。外に出ると寒い(>_<)車に逃げ込みサラダ巻きをかき込み、テントを撤収して2時過ぎにヘッデンで出発。眠い(-_-)zzz鍋平から舗装道を15分ほど登って、山道を20分下り、やっと新穂高。なんて登山者に優しくないとこだと思う。

蒲田川右俣林道を2時間で白出沢出合。まだまだ真っ暗(*_*)チビ谷を過ぎて出発から3時間半かかって、明るくなった頃にやっと滝谷出合。

Dscn0736_800x600
避難小屋で小休止。中は大変綺麗でした。ハーネスとメットだけ装着して出発。

出合からそのまま左岸を遡上するとすぐに行き詰まり、少し戻って右岸に移った。出合から右岸に渡っていった方が良い。

Dscn0740_800x600
1時間ほどで雄滝・雌滝の二俣。中間尾根に先行2人パーティが取付いている。先行がリード中に追いついたんで、ゆっくり登攀準備をする。

1P目 Ⅳ級 20m 政
見た限りⅢ級程度に見えたが、取付くと悪い!どうしても一歩が上がらずハーケン打ってA0で突破。大変時間が掛かってしまう(>_<)

2P目 Ⅲ級 30m 岡リーダー
濡れたスラブを上がって草付トラバース。

3P目 Ⅳ級? 45m 政
トラバースすると行き詰まり、戻って一段下のバンドをトラバース。一カ所岩棚に下りるとこがすげえ怖い(>_<)

4P目 Ⅳ級 25m 岡リーダー
Dscn0745_800x600
この草付がまた悪い!手がかりが少なく、足場も濡れ濡れ。目いっぱいザイルを伸ばすが支点が無く、戻る。

5P目 Ⅱ級 35m 政
歩き。

6P目 Ⅲ級 20m 岡リーダー
Dscn0748_800x600
簡単にトラバースして、雄滝落ち口まで。

3P目はトラバースせずに尾根を直上しても良かったみたい。4P目の途中で踏み跡もあった。結局、雄滝の突破に3時間掛かってしまった(+o+)うまくいけば今日中に第四尾根を抜けて穂高山荘まで、なんて目論みもあったが早くも暗雲立ち込める(+o+)

滝谷の迫力ある岩壁が見えてるが、中々近づかない。ゴーロ帯や滝を巻いたりでバテテきた。

Dscn0755_800x600
そしてナメリ滝。大分離されたかと思った先行パーティに追いつく。

1P目 Ⅳ級 45m オレ
先行をしばらく待ってから取付くが、終了点で追いついてしまいロープも残ってるので、抜かせていただく。右壁を上がってからのスラブ帯で支点が取れず、かなりのランナウトとなったが1・2ピッチまとめて登った。

Dscn0760_800x600
2P目 Ⅳ級 50m 岡リーダー
ロープ目いっぱいで、支点に届かず。

Dscn0767_800x600
A沢のブロックが崩壊し、轟音と共に煙が巻き上がる。水が濁ってしまったのでF沢で水をとる事にする。プラティパスに2L汲んでザックが重い(+o+)

Dscn0774_800x600
ようやくC沢二俣。スノーコルを探すがそれらしき踏み跡を見過ごしてしまい上がり過ぎてしまう。やはりさっきのとこかと戻るとナメリ滝で抜いた二人パーティが追いついてきた。スノーコルに上がると2人テントが1張り程度の狭い場所だった。テントを担いでる二人に場所を譲って、岡リーダーが上部偵察に行くと1.5ピッチ上に良い場所があるという事で二人に挨拶して移動する。17時に持ってきた防寒着をすべて着込み、ツェルトを張ってガスを焚いてようやく休むことが出来た。んが・・・ここからが本当の闘いであった。

2時間弱の睡眠で15時間行動したのでヘロヘロ(*_*)岡リーダーはパン。オレはα米にふりかけでエネルギーチャージ。眠気と疲労でウトウトするが、ガスを焚いてる間はツェルトが溶けてしまうので眠る事は許されない。21時・・・もう限界なんで寝る事にする。今回各自ツェルトを持ってきたが、ガスは一つだし2人で1張りの方が暖かいだろうという事で、そのまま寝る事にする。ガスを消すと一気に冷えたが睡眠不足と疲労ですぐに眠れた。0時過ぎにトイレで目が覚めると寒いので、またガスを焚く。2時を過ぎると一層に冷え込み30分眠って30分ガスを焚くという事を繰り返す。朝日が待ち遠しい(>_<)全く疲労回復する事もなく4時半。1本満足バーを食べて白湯を飲んで出発の準備を整える。

24日 5時にツェルトから出ると風があり寒いので、寝たままの防寒着着用で第四尾根登攀開始。

Dscn0781_800x600
1P目 45m Ⅲ級 岡リーダー 浮石いっぱい。

Dscn0783_800x600
2P目 Ⅳ級 40m オレ
トポにはⅢ級ってあるけど、一カ所ムズイ。手袋を外して目が覚める。

3P目 Ⅲ級 40m 岡リーダー
Aカンテ。岩ボロボロでウキウキ(>_<)

4P目 Ⅳ+級 40m オレ
リッジからBカンテ。よく覚えてないが、快適だった。

5P目 Ⅰ級 40m 岡リーダー 歩き。

Dscn0789_800x600
6P目 Ⅳ級 45m オレ
Cカンテに伸びるクラックを辿る美しいライン(^_^)/ここまでオレばっかり面白いピッチをやらせてもらって岡リーダーには申し訳ないと思うが、1P目で先に行くと言ったのは岡リーダーだから、まーいっか(^_-)-☆

Dscn0791_800x600
7P目 Ⅳ級 40m 岡リーダー
浮石だらけの凹角。

Dscn0792_800x600
素直に凹角を行くとピナクル左だが、右が正解だったみたい。どっちもイケるが懸垂地点と勘違いしてしまい、10m下ってコルに下りるのにこれは違うと気付く。登りかえしたりで昨日の2人パーティに追いつかれてしまった。
Dscn0795_800x600
8P目 Ⅳ級 30m オレ
ツルムの頭直下まで。早くも疲れてきた・・・

ツルムのコルへ懸垂下降20m。

9P目 Ⅳ級 25m オレ
フェースからチムニーを登るが狭くてチムニー内には入れずマントル返しでのっこす。既に1ムーブ起こす度に息が切れる(*_*)
Dscn0797_800x600
10P目 Ⅴ級核心ピッチ 40m 岡リーダー 
傾斜の強いカンテを2つ越える。2つ目がムズイけど探せばガバがある。ザイルが流れなくなるが、終了点へ。

岡リーダーとガッチリ完登の握手!ようやく終わった(^_^)/
補給して、ザイルを畳んで靴を履き替え、ハーネスとガチャ類はそのままで、Ⅱ~Ⅲ級の岩を20分ほど登ると稜線に出た。

装備を解いて、穂高山荘を目指す。涸沢岳の登り返しがキツイ(>_<)1時間半で穂高山荘到着。ビールと味噌ラーメンで完登を祝う(*^_^*)

14時過ぎに山荘出発。小屋から直に白出沢方面へ下る。初めて歩くがガレた沢を下る。石畳のように一応整備された一般道だ。すぐに暑くなり防寒着を脱ぐ。森林限界まで一気に500mほど標高を下げる。大変効率が良いが、既に体中が悲鳴をあげ始めている・・・

17時前にようやく蒲田川右俣林道に下りた。もう何度も限界だと思ったけど、あともう少し・・・穂高平小屋で一本入れてる間にあっという間に暗くなった。最後はヘッデンになるがオレのは電池切れ(-_-メ)岡リーダー頼みで歩いてると、最後工事車両用の舗装道に入ってしまい15分ほど戻る。もうどうにでもしてくれって感じで19時にようやく新穂高に帰ってきた。

真っ暗でひと気が無い。鍋平駐車場までもう歩きたくない。タクシーを呼ぼうとなり電話するが3件断られ諦める。岡リーダーはいつもお世話になってる先輩だし、ここは後輩のオレが車の回収に行くことにする。空身で35分かかってヘロヘロで辿りついた(+o+)

帰りは松本のかっぱ寿司で久しぶりにまともな食事をして、帰路に着いた。時間も遅かったせいか、3連休の渋滞は皆無で地元に戻ったのは午前様だった。

憧れのクラシックルート滝谷へ行けたのはうれしい。しかし出合からだとアプローチ、下山共に長く色んな意味で過酷なルートでした。この山行で得た経験値は計り知れない。これを活かして挑戦的なクライミングを今後も続けていければと思います。

ツェルトビバークだけは、よっぽど必要に迫られる事態で無い限り、もうしたくない(-。-)y-゜゜゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

あち~(@_@;)

日曜日は、久しぶりに二子山に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2018年8月26日(日)
  • 山域:奥秩父・二子山
  • パーティ:岡リーダー・マッチさん・荒さん・ソムリエ氏・ストックマン・五歩・オレ
  • 天気:暑過ぎ

本庄(7:30-9:00)二子山P~中央稜取付き(9:40-12:15)山頂(12:30-13:30)取付き~祠~17:30本庄

猛暑の予報で沢に行きたかったけど、ストックマンが午前中なら行きたいという事で、新人の歓迎山行だし、付き合う事にした。

朝コンビニで岡リーダーと待ち合わせ。家から徒歩3分だがロープ4本持ったら中々大変だった(>_<)

出発すると岡リーダー、まだ目覚めてないらしく神流に向かうのに秩父方面へ二度ほど間違えて曲がってしまう。軌道修正し下久保に入ると前に白バイ2台がツーリングしていて全くはかどらない。埼玉県警が群馬で遊ぶな!って思った(--〆)

股峠に着くと、みんな揃っていた。そんなに待たなかったみたい。取付きに向かうがすぐに汗が吹き出し、息も切れる。日影でこれじゃ中央稜はどんなんだ(@_@;)

大汗かいて取付きに到着。オーダーは①オレ(リード)・ストックマン②岡リーダー(リード)・荒さん・五歩③ソムリエ氏・マッチさん(つるべ)

Dscn0665_800x600
1P目 Ⅳ+ ストックマン「怖い、怖い」と言いながら嬉しそう(*^_^*)

Dscn0668_800x600
2P目 Ⅴ- カンテから右に乗り移ると簡単。次は左から行ってみよう。

Dscn0670_800x600
3P目 Ⅴ+ 出だしのコーナークラックで大変疲れる。核心部は左に出るのが分かってれば余裕。

テラスで先行3人パーティに追いついてしまい、大休止。慣れてない様子でライン取りに苦労している模様。

Dscn0671_800x600
セルフはメインロープでとる事を少し教える。デイジー持ってたけど、バックアップもしくは懸垂時のみ使用と。

Dscn0673_800x600
五歩は核心部苦労していた。フリーやってないとキツイよね。

4P目以降も先行とラインを変えたりして登る。最終ピッチで時間がかかり申し訳ないと恐縮するくらい謝られる。

Dscn0674_800x600
最終ピッチ。ストックマンを迎え入れると「もう終わっちゃう~っ!」と遊園地から帰りたくない子供のようだった。

ガッチリ握手して午後から仕事のストックマンとは、ここでお別れ。初めて同ルートを懸垂下降してみる。

ロープが途中スタックし、ソムリエ氏が回収に登り返し(笑)

テラスから下降路を歩いて下りると、途中クライムダウン出来なくなり、最後に20m懸垂下降。えらい時間かかって取付きに戻ってきた。

喉カラカラで腹も減ってたんで、少し補給して祠へ移動する。軽く熱に当たったらしく全然汗が引かず、もうヘロヘロ(*_*)

Dscn0675_800x600
話がピーマン 5.10a
全くリードする気にならず、岡リーダーにTRを掛けてもらいみんなで遊んでシューリョー。

あがりは、地元の割烹居酒屋で五歩の歓迎会(^_^)/たくさん飲んでたくさん金使った(--〆)

五歩は山を極めてマンガ「岳」に出てくる三歩になりたいらしい。山は経験が一番のステップアップだけどエネルギー溢れる若者なんで、まずは五歩から四歩にステップアップだいね(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

いてて・・・

日曜日は、久しぶりに外岩に行ってきました!

  • 期日:2014年11月30日(日)
  • 山域:東飯能・阿寺の岩場
  • パーティ:岡リーダー・マッチさん・ソムリエ氏・荒さん・オレ
  • 天気:晴れ
  • 装備:基本装備・カタナ・キャンプフォー

前日は、会のザイル祭があり、そのままスナック「Y」に宿泊。8時半にマッチさんと合流し、コンビニに寄って出発。今回は、県岳連で開拓されたお初の岩場で楽しみです。

1時間半で到着。なんか見覚えのある道だと思っていたら、日和田山から近い場所であった。

駐車場¥500。利用料1人¥100を地主のオオノ氏宅で支払うシステムだ。

Dsc01820_800x600

駐車場から急登を登り3分で岩場に到着。先行パーティが5人ほどいた。ちょうどオオノ氏に会えたのでその場で料金を支払う。

ここは、1番難しくて5.11aで黒岩より辛くは、ないだろうと思ってちょっとなめてました。

まずは、「がんばれコツオくん5.9」をリードさせてもらう。

Dsc01830_800x600
フレークからの乗越が逆層になってて、ムズイ!ホールドが乏しく足を上げて何とか突破を試みたが、不意にバランスを崩しまさかのフォール!!

落ちると思ってなかったので、真っ逆さまになって背中から落ちてしまった。完全になめてました。岡リーダーに交代してもらい、トップロープを張ってもらう。背中のダメージよりも落ちたショックで大反省(+o+)

Dsc01834_800x600

Dsc01836_800x600

気を取り直して、もう1回取り付くが、全然ダメ。恐怖で手足が縮こまって、また剥がされた。

気を取り直して、「大野カンテ 5.6」を荒さん、オレ、マッチさんの順でリードした。ここは、快適にキャンプフォーで登れた。高度感もあり、少しアルパインちっくだ。

Dsc01837_800x600


ランチを食べて、岡リーダーが張ってくれたトップロープで「湾曲うちわ舞 5.9+」を登る。やはり乗越がムズかったが、何とかノーテンで抜けた。リードだったら怖いな。

最後は、先行が登ってた右側の壁が空いたので「北山カンテ 5.9」を登る。

Dsc01844_800x600
一番簡単らしいが、凹角に入ってしまい、戻ったところでパンプしてシューリョー。

最後まで、フォールを引きずる登攀となってしまった。

ここは、岩質も脆くポロポロと常に落石がある。岡リーダーも一発デカいのが剥がれてたので、ビレイヤー共にヘルメットは必須ですな。

外岩は、やはり気持ちがイイ(^_^)/楽しく登るためにも5.9では落ちないクライマーを目指し、修行に励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

くぅ~!

毎年恒例の会のザイル祭がありました。去年に引き続き、寄居かわせみ河原で鍋や焼肉、酒もたらふく飲んで2時頃までやりました。

翌日は、これまた毎年恒例の岩登り講習。二日酔いで登るのも恒例となってます(笑)

  • 日にち:2013年12月1日(日)
  • 山域:腰越の立岩
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・ソムリエ氏・エリート氏・荒さん・イサ爺・キモッサン・オレ
  • 天気:晴れ

朝遅く起床し、テントや焚火やらを撤収して昨夜の残りの鍋にうどんを入れて朝食。結構な二日酔いです。

10時過ぎに出発。今回は、小川町にある岩場なので車で30分位です。途中のヤオコーで買い出しをして車も2台で乗り合わせ。初めてホンダ工場を見ましたが、とんでもない敷地面積です。

カトサンとエリート氏が行った事があるというので、迷わずに到着。登山道を15分ほど登って岩場到着。

P1150386_800x600

岡リーダーが、トップで二日酔いだ(笑)

P1150388_800x600
まずは、西面5.8をMOS。出だしが悪くみんな苦労してた。

お次は、TRで5.10abみんな左から登ってたので、直上を狙うもテンション!結局左へ逃げました。

P1150390_800x600_2

P1150396_800x600


P1150398_800x600

気持ち悪いので、一人飯を食ってみる・・・

が、変わらず。

P1150399_800x600
平らな広場に紅葉がキレイでピクニック気分になれるイイ場所です。

午後は、TRで北面5.10abテンションしまくりで、撃沈。浮石が多く嫌な感じ。最後のバランシーな核心が抜けられず。

次は、東面の5.10a短いがカンテ沿いの美しいルート。リードで行くもパワー不足。TRでも抜けられず、反対側から突破。これが行けないと室内のイレブン台は登れないと感じました。

最後は、西面5.10abの残置回収に再登するもウデがもう残ってましぇ~ん(T_T)テンションしまくりで何とか回収。

2日間良く飲んで遊びました。さすがにこの日は、下山祝いする気にはなりません。

お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうかぁ~

超遅い報告です<(_ _)>

外岩強化月間だーー!!

  • 日にち:2013年11月24日(日)
  • 山域:黒岩
  • パーティ:岡リーダー・オレ
  • 天気:晴れ

先週の古賀志に引き続き岩トレに行ってきました。

今回は、岡リーダーと2人なのでサンバー出動。8時に岡リーダーを迎えに行って黒岩へ。

到着するといつもの路肩に車がいっぱい。大盛況のようです。

今回は、ライオン岩を登る予定ですが、ウォームアップにオレが登ったことがないヤンキー稜を登る。

岡リーダーリードで登り、そのまま西稜終了点にトラバースして、18番ルンゼの核心部を登る。懸垂で下りてヤンキー娘5.11aを登ろうということで、再びヤンキー稜をオレリードで登り、ヤンキー娘にTRを掛ける。岡リーダーが取り付くもハング越えが厳しそうでした。オレは触らずに夏子5.8へ。

P1150385_800x600

初リードでしたが危なげなく完登することが出来ました\(^o^)/すげぇ嬉しかったんだけど5.9だと思ってたのでちょっとガックシ。

お次は岡リーダーがOS用に温めていた柿ドロボー5.10bへ。結果・・・やっぱりここのグレード辛いなぁ~。オレも触ってみるが歯が立ちましぇ~ん(+o+)

昼飯を食って、トライ・アンド・エラー5.10b。岡リーダーが掛けてくれたTRでA0で何とかトップアウト。怖いし、指が痛い(泣)

お次は、オレが苦手のオケラ5.8。初リードで核心を右に逃げてRP。TRでおかわり直登を試みたが、更に苦手意識を植えつけられました。

たくさん遊んでライオン岩へ行く時間も無くなり終了。

富士山も見えて気持ちいい岩トレでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

スゴイ!

日曜日は岩トレに行ってきました(^_^)v

  • 日にち:2013年11月17日(日)
  • 山名:古賀志山
  • メンバー:岡リーダー・荒さん・ソムリエ氏・オレ
  • 天気:晴れ

まだ暗い5時半にいつものセブンで岡リーダーに拾ってもらい、深谷へ。上武大橋のセブンで食糧を調達するが、ここでハーネスを忘れたことに気が付く(>_<)仕方ないので簡易ハーネスで今日のリードは諦める。東北道は少し車が多かったが、渋滞はなく到着。不動滝エリアは先客が居たのでマラ岩へ。貸切状態でお日様が暖かい快適な場所です(●^o^●)

  • 溝ルート 5.8 TRでノーテン。久しぶりの外岩気持ちいい\(^o^)/
  • ワイワイ 5.9 1テン 凹角がハング気味でムズイ。
  • マラ岩キャリー 5.10b TRでノーテン。グレードの割に簡単だったけど、右に逃げちゃいけなかったのかな?
  • マラ岩クラック 5.9 TRでノーテン。クラック沿いだけどジャム系のムーブは無い。
  • タロウ 5.10b 撃沈 指が痛すぎて登れましぇ~ん(涙)

午前はこれで終了したが、みんなで登り始めた所で、E会のI氏と栃木岳連のT氏。そして世界に誇るアルパインクライマーM氏がやってきました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
少しお話を聞かせてもらいましたが、物腰が低くとてもイイ人でファンになってしまいました。登りは言うまでもありませんが、凄すぎて参考にならないほどでした(笑)

P1150269_800x600
世界レベルは、イレブン台はアップです。自分には見えないが彼にはホールドがいくらでもあるみたい。

P1150273_800x600
ソムリエ氏が撮ってくれた<(_ _)>左がオレ。右がM氏。セッションしてるようには見えない?

P1150280_800x600
マラ岩クラックの核心部。ムズかった。

昼飯を食べて、不動滝エリアに行くM氏T氏と別れ、ウチラは南陵ドームへ移動。ここも日当たりがよく貸切状態でした。

  • アニマ 5.8 MOS 8ってことでリードさせてもらったけど、何かムズかった。
  • サンカルアキ 5.10a TRでノーテン。ジリジリ系でしっくりこない。
  • ひらひら 5.10a TRでノーテン。下部がイヤラシイが上部は快適。

そうそうハーネスを忘れてしまいましたが、栃木のT氏が二つ持ってて、お借りしました。ありがとうございました<(_ _)>

週末天気が安定してきたので、今週末も外岩頑張ります<(`^´)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

いやいや

またも遅い報告ですが、先日二子山へクライミングに行ってきましたよ(^_^)/

  • 日にち:2013年10月14日(月)体育の日
  • 山域:秩父・二子山
  • メンバー:岡リーダー・カトサン・ソムリエ氏・荒さん・両津・オレ
  • 天気:晴れ

今回、2度目の中央稜ということで「つるべ」で登らせてもらいました。カトサンが急遽参戦となったので、3パーティ。オーダーは、①岡リーダー・両津②荒さん・オレ③カトサン・ソムリエ氏

荒さんと相談して、どちらでもという事なので奇数ピッチを登らせてもらいました。

1P目 Ⅲ~Ⅳ+ オレリード
簡単だけど、少し緊張した。

2P目 Ⅴ- 荒さんリード
ちょいとムズイ。

3P目 Ⅴ+核心 オレリード
レイバックから抜けた後の一手が出ない!かなり粘ったが結局A0。後で聞いたら岡リーダーも登れてないらしい。

4P目 Ⅳ+ 荒さんリード
簡単。

5P目 Ⅴ- オレリード
グレードⅤ-ついてるけど、よく覚えてない。

6P目 荒さんリード
今回は、右のクラッシックルートをとる事に。凹角の乗越でヒザをついて這いつくばる。

7P目 オレリード
途中リッジっぽくなって、高度感があり気持ちイイ。

Rimg0209_800x600

Rimg0211_800x600

Pa140047_800x600

Pa140049_800x600

Rimg0213_800x600

Rimg0214_800x600


山頂で少し休憩をして、午後は祠エリアで遊びました。

Rimg0215_800x600

Rimg0216_800x600
話がピーマン 5.10a

岡リーダーが掛けてくれたTRで登るも核心のピンチが持ちきれずで撃沈(´・ω・`)ショボーン

気を取り直してもう一回取りついたら、足の位置を変えたら登れました。

もう一本シリアル5.10d
TRで半分ほどで撃沈。腕もシューリョー。

あがりはいつもの焼肉屋でガッツリやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

楽しすぎる(*^。^*)

日曜日は、会の岩登り講習があり黒岩に行ってきました。

  • 日にち:2013年5月12日(日)
  • パーティー:ソムリエ・セキサン・荒さん・イサ爺・キモッサン・Y田・オレ(岡リーダー・カトサンは遅れて合流)

朝7時過ぎにウチの近くのセブンでソムリエ車に拾ってもらい出発。順調に黒岩に到着すると車が1台もない。今日は貸切かと思ったが、準備をしてる間に続々とクライマーがやってきた。今日は、岡リーダーから課題を与えられてる。「西稜 Ⅳのリード」だ。2度登ってるので登りに不安はない。内心うれしくてしょーがない。

一本目は、ソムリエ氏がリード。

P1120884_800x600_2
セキサンをタイブロックで登らせてしまい、セミ状態になり荒さんがヘルプに行く。反省。

懸垂下降を終えると岡リーダーがやってきた。今朝は、榛名ヒルクライムの試走会があったらしく、チャリ出勤。そして、師匠が見守る中いよいよリードデビューup

難しい所はないので、問題なくクリア。登った頃にはカトサンも合流してきた。

P1120890_800x600
ロープにしがみつくセキサン。

P1120891_800x600


フォロー2人を迎え入れて、初トップの喜びで浮かれてると、懸垂準備中にエイト環を落としてしまい反省。

P1120892_800x600

調子に乗って「18番ルンゼ 5.8」もリードさせてもらう。最後の一手がちょっとムズイだけ。

懸垂下降を終えて、昼食。オレのサラダランチに岡リーダーがあきれ顔でケチをつけてくる。

昼食後は、岡リーダーがTRをかけた「夏子 5.8」を登らせてもらう。去年登れなかった「夏子 5.8」を落とすことができました。カトサンと「ヤンキー稜 Ⅳ」に行ったが先行パーティーが時間かかりそうなのであきらめる。その後は「岳友会ルート 5.9」初挑戦で細かいホールドに苦労しましたが、何とか完登。
P1120894_800x600
「夏子」を登るソムリエ氏。

P1120895_800x600
久しぶりに参加のY田。「夏子」にはフラれたらしい。

1日中遊んで、初リードもさせてもらい大満足の岩登り講習でした。

P1120897_800x600
本庄の聖地ヤキハンで懇親会。深谷の皆さんも気に入ったみたい。

皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

やっほ~い!!

今日は、二子山の開山式がありました。

オレは初参加ですが、地元山岳会等が中心となり、今年で27回目だそうです。

ちゃんと宮司さんを呼んで、県警山岳救助隊や県岳連等50名以上で盛大で厳粛に執り行われました。

P1120717

我らがカトサンも指名で玉串を奉納されました。
P1120718

式終了後は、みんなで清掃登山。ある程度やって、いよいよお目当ての中央陵登攀へhappy02

中央陵取り付きのドラム缶。
P1120721

清掃中は、誰も居なくて今日は空いてると思ったが、清掃後戻ってみると先行2パーティー。のんびりと登攀準備をする。

全ピッチをリードカトサン・セカンドオレ・サード荒さんの順で登る。

1P目 Ⅳ+ 
今シーズン初岩って事で、興奮&緊張でいきなりヌンチャク取り忘れる。

ビレイ中のカトサン
P1120727

2P目 Ⅴ-
ザックが重すぎたが、快適で楽しいhappy02

3P目の順番待ち。
P1120728

3P目 Ⅴ+ 核心ピッチ
出だしのレイバックは、難なくこなし快適。クラック抜け口の一手がムズイが、集中力MAXで抜ける。・・・っと思ったらサードのロープがキンクして絡んでしまい、解くのに核心抜けよりも腕を消耗してしまう。登りに集中するあまり、ロープの流れに目が行き届かないと痛い目に逢うって事ですな。

4P目 Ⅳ+
快適で楽しさMAXup・・・がっ!このあたりで親指が痛くなる。

5P目 Ⅴ-
両神山が目の前に見えて気持ちい~い(・∀・)イイ!

6P目 Ⅲ~Ⅳ
オリジナルは、右側らしいが今回は左から行く。
最終ピッチなので、楽しさと寂しさの中終了。

登山道まで抜けたところで、カトサン・荒さんとガッチリ完登の握手!

装備を解き、小休止して下山開始。

二子山は一般道もかなり険しい。その上、鎖やロープ等が全て無くなって昔より悪いらしいのでヘルメット着用。

帰りは、運転を買って出て、18時過ぎに深谷到着。

久しぶりの外岩&二子山デビュー。サイコーでしたhappy02

一気に岩モード突入といきたいトコですが、とりあえずは今週の鹿島槍ヶ岳を楽しみに集中しておきます。

あっ・・・。
TCプロ買おうっと(。>0<。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

楽しかった。

土曜日は、会の恒例行事ザイル祭。焚火を囲んで酒を飲みながら1年の山行の無事を祈願するそうです。
オレは今年入会なので初参加。肉担当で煙に燻されながら焼き係。みんなで一言ずつ抱負を話すところで、美人会員のYさんから結婚発表。今年度いっぱいで横浜に行くそうです。寂しくなるけど、めでたい事ですな。

P1100687_640x480

P1100686_640x480_copy


イサ爺さんと荒さんは、相変わらず飲むと楽しい。みんな酔っぱらって23時過ぎまでやりました。荒さんと2人でジャンボテントで就寝。ジャンボに2人だとめちゃ寒い。寒くてあまり寝れなかった。冬シュラフ買わなきゃmoneybag

日曜日は、岩登り講習。ちょうど1年前の岩登り講習で外岩デビューしたんですな。
朝7時過ぎに起きて朝飯に昨夜の鍋でうどんを作り腹に入れる。幕営撤収後、神流町にある中里の岩場へ。Oリーダー、M賀さん、新人のY田、オレの4人。全員初めて行く岩です。特に迷うこともなく、11時過ぎに到着。準備をしていざ岩へ!
ここでオレはガチャ類を忘れたことに気付く。今日は、リードはお預け。

  • 妻は新古品5.9 TRでノーテン。ウォームアップ。
  • With5.10a TRでノーテン。おもしろい。
  • Wizard5.10d TRでノーテン。出だしの右手が届くのが俺だけだったので、1人正面突破。気分がイイ。
  • シャレード5.9 TRでノーテン。短い分やらしい。おもしろいので2回登る。
  • セレナーデ5.10a TRでノーテン。ルート間違ってないと思うけど、出だしを明らかに難しそうなカンテからもう一回登ってみたが、ヤラレタ。Oリーダーがお手本で抜けた。

P1100689_640x480
妻は新古品5.9をリードするOリーダー。

P1100690_640x480
今日が外岩デビューの新人Y田。今後が楽しみ。

ここの石灰岩のホールドは、ナイフみたいに尖ってて指が切れそうで痛い。weepランジとか絶対無理!15時過ぎまでやって、腕が終了。とっても楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)