カテゴリー「氷」の25件の記事

2019年3月23日 (土)

やってもうた(>_<)

先週も八ヶ岳に行ってきました。
  • 日にち:2019年3月16日(土)~17日(日)
  • 山域:八ヶ岳・醤油樽の滝
  • パーティ:オレ・両津・岡リーダー(17日合流)
  • 天気:晴れ後雪
本庄(10:30-15:00)入渓点(16:00)醤油樽の滝(16:30-18:00)入渓点
土日イケると言う両津と現地集合で八ヶ岳に行こうとなる。
朝・・・携帯が鳴って目覚める。時計を見ると10時\(◎o◎)/!血の気が引いた。10時に清里で待ち合わせた両津に電話で謝罪<(_ _)>ダッシュで向かう。
アクセル全開でいつもよりもサンバーがうなる。下仁田手前で「ブシュッー!」と煙を吹いてエンジン停止。動かなくなった。レッカーを呼んで、その旨を両津に伝えると、とりあえず迎えに向かってくれると言う。ホントに優しい人間です。ありがとうございます<(_ _)>
レッカーが来て、地元の車屋まで車は運ぶが人間は運べないとの事。下仁田料金所で捨てられる。
しばらく呆けてると、両津がやってきた。神様ありがとうございます<(_ _)>
とりあえず登りに行こうという事で向かう。迷わず15時前に到着。準備をしてるとかなり雪が降ってきて少し怯んだが、オレの口からは、やっぱりやめようとは言えないので、入渓する。トレースがあるが雪が深くはかどらない。すると2人パーティが下りてきた。こんな時間に登っていく俺達に不思議そうな感じだった。状況を聞くと一ノ滝から氷が無いらしく、巻いた方が良いとアドバイスをもらう。トラロープのある巻き道をいく。アイゼンしてれば問題ないが、中々面倒だった。
Dscn1108-800x600
梯子が雪で埋まってるので5m懸垂下降。1時間で滝下に到着。
時間が無いので、急いで登攀準備をする。
Dscn1112-800x600
両津リードでクライムオン!良く凍ってるが階段状。35mあるんでⅣ級ってとこか、フォローで上がってシューリョー。すぐに懸垂下降して、急いで下山して何とかヘッデン無しで帰ってきた。
翌日、7時過ぎに岡リーダーが合流して、摩利支天リベンジに向かう。今回は間違えずに摩利支天沢に入る。トレースもありだいぶ楽だ。
突如トレースが消えて上を見上げると、大滝が見えて全然繋がっていなかった(>_<)みんなここで引き返したって訳ね・・・
とりあえず直下までの滝まで行って氷を叩いて、南沢に行こうとなり下りる。
南沢に着くと小滝は先週の倍はいた。大滝も同じ感じ(>_<)んで左の無名沢の氷を登ろうとなる。
深いラッセルをして、取付きに着くと思ったよりも小さい。両津リードで雪を落としながら登る。氷がスッキリ現れると実質5mほどのショボイ氷だった。傾斜も緩い。各自登って不完全燃焼で帰路につきました。
冬合宿の禊を落としきれぬウチに、またしてもやらかしてしまいました。神様両津様本当に申し訳ございませんでした<(_ _)>
しばらくは運転手をさせてもらえればと思います。

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

うまくいかんね(*_*)

日曜日は、八ヶ岳に行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2019年3月10日(日)
  • 山域:八ヶ岳・南沢大滝
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ
  • 天気:晴れ後曇り

上里(4:00-6:30)赤岳山荘(6:45-8:15)間違い沢(8:30-11:17)摩利支天沢(11:25-12:00)南沢大滝登攀(16:00-16:45)赤岳山荘~19時半上里

先週敗退した、3スラを狙うも降雪で谷川には入れず(>_<)来シーズンに持越しとなった。

岡リーダーが摩利支天大滝を登りたいという事で、4時に出発。大門街道もほぼドライで順調に行く。八ヶ岳山荘からの林道は雪の轍が凄くて、エクストレイルでも腹を擦るくらいだった。

準備して出発。南沢を歩くのは何年振りだろうか。70分で南沢大滝の取付き。やっぱり日帰り装備だと早いね!オレ先頭で、ここから左岸に2度ほど入ってくる枝沢にグイッと目をやるが「まだまだだよ~」と岡リーダー。

しばらく登ると、トレースもテープもある枝沢に出合う。岡リーダーがGPSで確認してほぼ間違いないだろうって事で詰め上がる。トレースはあるが、今日のものではなく何度も踏み抜く。右岸尾根を登り傾斜が強まったとこで沢に戻ると、30cmほどの雪の下に氷が出てきたのでアイゼンを着ける。岡リーダーに先頭を入れ替わり更に詰め上げると突如トレースが消えて行き詰まった。標高は2400mもう稜線に出ちゃう感じだ。こりゃ間違ってる(>_<)

P3101117_800x600
間違い沢。

GPSで確認すると300mほど尾根をトラバースすれば、行けるのでは?って事で行ってみる。

P3101121_800x600
10分ほど奮闘してみるが、腰ラッセルで300mトラバースするのに2時間はかかりそう・・・

P3101123_800x600
って事で下りる。草付にノミック刺したくないので、ロープを出してゴボウで下降。傾斜が緩んだとこから、再びトラバースを試みるが支尾根を一つ越えなくてはならないので、大人しく登山道まで戻った。いやぁ~3月の八ヶ岳でまさかの本格的な雪訓でした(>_<)

時間的にもう無理なんで、取付きだけ確認して南沢大滝で遊ぶことにする。

P3101125_800x600
正解沢。この先50mほどで一気に登山道の河原が開けるので、そこまで行って戻るくらいの方が間違いないと思う。

南沢大滝に着くと4パーティですだれ状態。20人近く居たか。大盛況だ。手前の小滝にも2パーティはいた。時間もお昼なんで、ランチしながらのんびり準備する。どこ登ろうかと見てたら、右端のリードが墜落(>_<)幸いどこも負傷は無かったようだが、アイスであんな距離落ちるの初めて見た。コエ―(*_*)

2人パーティが帰って、左のラインが空いたので登る事にするが、良く見ると水が滴ってる。右のTRとかなり近くなってしまうが、簡単そうな真ん中の凹角をオレリード。

P3101134_600x800
リード中に、何やら怒号が飛び交う。懸垂やらロープがどうとか上下左右いろんなとこで言い合ってる模様。すると中々のスノーシャワーを浴びて「何々?上で何が起きてるの?」ってなり、かなりビビる。上部が見えてる岡リーダーから「大丈夫だから登れ!」と言われるが、「ブゥンッ」て音が聞こえたと思ったら、ラインから外れてるとはいえコールも無くロープが降ってきて意気消沈。完全にビビってしまった。その後は各駅停車で大変時間が掛かってしまうが、何とか登り切り、TRセットして懸垂準備してる方を待つ。んが、また色々とやり取りをしていて一向に下りないので、支点を取り直して先に下りた。フウッ

P3101136_600x800
両津が登ってると、ビレイしてる岡リーダーのとこへ今度は左から人が降ってきた!あり得ない!!!懸垂すっぽ抜け(-_-メ)これも初めて見たよ・・・これまた幸いにも左端のナメからで、墜落と言うより氷から雪に滑り込んできたって感じで無傷だった。

何なんだここは?ゲレンデって言ってもアイスですよ?まさにカオス状態(@_@;)

P3101140_600x800
各自TRで登って、最後に岡リーダーがⅤ+~Ⅵ-級のカンテラインを1本リードしてシューリョー。

相変わらず面倒な南沢を下って帰路についた。渋滞も無く順調に帰り、地元の割烹居酒屋で下山祝いをしました。

それにしても南沢大滝・・・2度と来たくねえって思ったけど、この時期にまともにアイスが出来るとこって限られてるのよねぇ~(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

ダントゥー(@_@;)

週末は、アイスに行ってきましたよ~(^_^)/

  • 期日:2016年2月20日(土)~21日(日)
  • 山域:菅平高原・大谷不動
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ・カトサン(20日夜合流)
  • 天気:曇り後雨・雪時々晴れ

2/20
上里(7:30-9:40)峰の原高原スキー場(10:15-12:25)大谷不動~幕営設営~水汲み下見14:30BC

2/21
BC(8:30-9:05)左岸壁右(9:10-9:30)本流二ノ滝登攀(12:00-13:00)幕営撤収(14:10-15:55)峰の原高原スキー場(16:30-18:00)上里

もうこれだけ暖かいと八ヶ岳か大谷不動しかないだろうという事で、計画してもらいました。初めてのⅤ級バーチカルのエリアなので、緊張するが楽しみでもある。

仕事で準備が全くできなかったので、金曜の呑みはパスする。急遽両津が参加となり、仕事で遅れるとの事で、ゆっくりとシャワーを浴びて朝食まで食って待つ。7時過ぎに両津がやってきて、岡リーダー宅へ。なかなか二日酔いのいい顔で現れた(笑)荷物を積み込んで出発。そしてすぐにUターン、岡リーダーがバイルを忘れたとの事。よく気が付いたもんだ(笑)

コンビニで買い出しをして出発。菅平はスノボでも行った事の無いエリアだったので、行き方が良く分からんが、上田で下りて普通に峰の原高原スキー場を目指せばいいだけ。

スキー場の無料駐車場に停めるが、泊まりなので端の方へ駐車する。共同装備を分けてパッキングしなおして出発。

P2200074_800x600
スキー場の中をデカいザックを背負ったオッサンが歩いてるのは異様な光景だ(@_@;)気を使ってなるべく端っこを歩く。

峠を越えると林道目指して下りとなる。

P2200077_800x600
途中何カ所もクマよけのベルが設置されている。

BCなので、食材が重く肩が痛い(>_<)

P2200082_800x600
2時間ちょっとで大谷不動到着。先着1張りいた。ウチラもまるで駐車場のような広い平地にBC設営。後でカトサンが到着して判明したことだが、そこは池だった(笑)

そうこうしてる間に、みぞれ混じりの雪になりかなりヤル気が失せる。偵察がてら水汲みに行く。先行パーティは不動裏の滝を登ってるらしい。

テントに戻りどうするか悩んでると、外は雨に変わった。早々に宴会決定(^_^)/

今宵のディナーはキムチ鍋と焼肉。鍋を1回戦終えたとこでカトサンが到着した。何とビール8本の差し入れ(*^。^*)大変ありがたくいただく。鍋2回戦目に突入し焼肉もたらふく食った頃に両津が気絶(+o+)夜勤明けで遊んでホント生き急いでるやつだ(笑)

翌朝は、何時だか分からんがトイレで目が覚めると外はドシャ降りの模様。とりあえずガマンして2度寝する。みんな起きて各自朝食をとる。3人パーティはもう出発していった。

ウチラも準備をして出発。本流側でコールが聞こえるので左岸壁右に行ってみる。

P2210092_800x600
これがⅥ級。TRなら行けるがシャバシャバのスカスカでスクリューを入れられないので、無理。写真を撮って本流に行く。

P2210098_800x600
先行は本流右岸壁を登ってたので、ウチラは二ノ滝に取り付く。初ノミックのカトサンがリード。両津がフォロー。カトサンはカーテン下のほぼ中心から登る。

P2211021_600x800
続いて岡リーダーに行くか?と聞かれたのでありがたくリードをさせていただく。弱点と思われた右側から登るが、上部トラバースで滝行となる(-_-メ)立木で切る。

P2210102_800x600
2P目は岡リーダーリード10mⅤ級ってかんじ。落ち口がぱっかり口が開いていて怖かった。

P2210107_800x600
下りてくると、右岸壁ルートに後続のパーティが取付いていて大盛況ってかんじだった。

もう1本くらいとも思ったが、時間もあるし帰りは登り返しもあるので、テントに戻り撤収。

厳しい氷の世界とは真逆の家族で賑わうゲレンデに着くと帰ってきたと実感する。

帰りも渋滞なしで到着。岡リーダーと下山祝いをして帰宅。

緊張の大谷不動でしたが、例年に比べて氷も柔らかく簡単だったみたい。ここがこれじゃもう本当にシーズンが終わるんだなと思い少し寂しいけど、それは岩シーズンの到来も告げているのよね(*^。^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

あ~楽し(●^o^●)

今週もアイスに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2016年2月7日(日)前夜泊
  • 山域:秩父・中津川渓谷 鏡岩
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ・S会5人・U会1人・H会1人
  • 天気:晴れ

今年も埼玉県の岳人たちが集いました。

今回は、色々と県の行事が重なってしまったらしく参加者は少な目となりました。

前夜18時に岡リーダーに拾ってもらい出発。途中オレが余計な道を案内してしまい、遠回りしてしまう(>_<)

大滝道の駅に到着すると、両津が先着していた。屋根のある駐車場でテントを張って宴会準備。

もつ煮が温まった頃にU氏も到着して、宴会開始。刺し盛りと焼肉で腹が満腹になってしまい、あんまり酒が入らなかった。

いつの間にやら時間もいい時間だったので、就寝。みんな車中泊でオレ1人でジャンボテント(-_-メ)暖冬と厳冬期用のシュラフで何とか眠れた。

朝7時半起床。朝食は絶対に二日酔いだと想定して、しじみ味噌汁。幕営撤収してる間にS会が到着し、少しお待たせしてしまった<(_ _)>

P2070053_800x600
30分ほどで到着。準備をして川床へ下降するが、FIXが雪に埋もれて見つけられずクライムダウン。プチ滑落した(-_-メ)後続の両津に懸垂がイイよとアドバイスする。

ここは、アプローチゼロだが渡渉用にストックを持ってきて大正解。持ってない人はみんな渡渉核心なかんじだった(笑)

P2070058_800x600
左から登る。オレリード

P2070060_800x600
右隣は両津リード。あまりに近かったので、後で岡リーダーがトップまで伸ばす。

P2071003_600x800
更に右。ここもリードをさせていただく(^_^)/

P2070068_800x600
一番右は岡リーダーリード。4本TRのセットを終えたとこでランチにする。

昨夜の酒量が少なかったのか、しじみの味噌汁が効いたのか分からんが、二日酔いも無く調子がイイ!午後もたっぷり登って。最後回収便に行ったがアバラコフがうまく開通せずみんなを大変お待たせしてしまった。1時間以上格闘してたか?要練習です(@_@;)

P2071010_800x600
装備を解いた頃には、すっかり夕闇になってしまった。

それにしても、ここは毎年確実に凍ってるし何より貸切なので、大変遊べる!毎年恒例にしてもイイ場所ですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

3度目の正直!

久しぶりのアイスに行ってきましたよ~(^^)/

  • 日時:2016年1月31日(日)
  • 山域:荒船山・相沢奥壁大氷柱
  • パーティ:岡リーダー・荒さん・両津・オレ
  • 天気:晴れ

上里(6:00-7:20)相沢登山口(7:30-9:10)大氷柱(14:30-15:10)相沢登山口(15:30-16:20)上里

2週間前の氷壁講習は、二日酔いで中止(-_-メ)

そして、先週は家族でスノボ旅行。ダラダラと堕落した生活を送っていたので、今週は気合の早出となった。

6時に岡リーダー宅に集合し、出発。コンビニに寄って上里スマートICで乗る。今回は間違えずに乗れた(^_^)/

高速は少し車が多めであったが、早かった。アッという間に登山口に到着。先客は1台。

P1310031_800x600
後でニュースで知ったけど、「雨氷」ウヒョーッ!って言うらしい。登攀中これが溶けてバラバラと落ちてきた。

大氷柱に着くと寸での差で、後続パーティが尾根をトラバースしてきた。岡リーダーが先着することが出来たので良かった。

P1310046_800x600
後続パーティの方が準備が早くて、先に取り付かれてしまう。しばし待って岡リーダーリード。安定したクライミングでTRを張ってもらう。

3度目にして、やっと憧れの大氷柱に取り付く。難しくはないが、長いのでとても疲れる。疲れついでにせっかくなので、フィフィテンションの練習をしてみる。

P1310048_800x600
各自2本ずつ登って、時間は速いがもうすっかり下山祝いに気持ちが傾く。

P1310049_800x600
荒さんに回収便に行ってもらってシューリョー。

P1310051_800x600
下山は尾根をトラバースして、トレースを忠実に行くと中の宮という社に出た。初めて通る道だがこっちの方が少し早いみたい。

憧れだった相沢大氷柱を登れて、早起きの甲斐がありました(*^。^*)

本庄に帰り、いつもの焼肉屋で下山祝い。思いがけず特別メニューにありつけたので大満足&幸せな1日でした。

来週は秩父でアイスですが、どちらかと言うと前夜祭の方がメインになりそうなかんじ(@_@;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

意外にも(*^。^*)

合宿から帰って以降、すっかり堕落した生活になってましたが、アイスに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2016年1月10日(日)
  • 山域:足尾 松木沢・ウメコバ沢
  • パーティ:岡リーダー・オレ
  • 天気:晴れ

本庄(6:00-8:00)足尾公園P(8:30-10:00)ウメコバ沢F1(10:00-10:50)F3(11:25-12:00)F4(12:10-13:00)懸垂下降~ウメコバ沢出合~16:00足尾公園P-17:50本庄

連日のポカポカ陽気で期待は薄いが、ダメもとで岡リーダーが計画してくれました。

6時に岡リーダーに拾ってもらって出発。前夜会社の新年会だったため眠いし気持ち悪い(+o+)

順調に足尾公園に到着。Pには車7台ほど。意外と入ってるのね。準備をして出発するが、暑い。厳冬期用のダブルブーツを履いてきてしまい失敗。

Dsc04046_800x600
天気は快晴(*^。^*)春に登ったジャンダルム。今日もどちらかと言うと岩登りの陽気だ。

Dsc04049_800x600
昨年登った黒沢。薄そうですが、3人パーティが入ってました。この日は、この3人以外見かけなかったので、駐車場の車はほとんど観光だったのだろうか?

Dsc04054_800x600
ウメコバ沢出合。雪が皆無で渡渉が心配されましたが、水量も少なく問題なし。

しかし、いつもタイブロックで登るF1のFIXロープが切れていて使えない。岡リーダーがフリーで登るが崩壊と微妙な氷で難しそうなので上からロープを垂らしてもらう。

Dsc04062_800x600
昨年登った中央岩壁を眺めながらF3到着。ナカナカ凍ってるじゃないの!でもよく見ると中央付近から結構な勢いで水しぶきが上がってます。

濡れたくないなぁ~と思いつつもリードをさせていただく。1本目のスクリューを打ってる間に完全にシャワーを浴びる(+o+)

Dsc04065_800x600
難しくないが、距離があるのでナカナカ疲れる。岡リーダーを迎えてF4へ。

Dsc04071_800x600
F4は真ん中がバッカリ開いていて水流ジャージャーですが、岡リーダーリードで右から登れました。F3よりも濡れなくて快適(*^。^*)

Dsc04076_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

満足じゃ!

先週に引き続き、八ヶ岳にアイスに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年12月20日(日)
  • 山域:八ヶ岳・阿弥陀岳広河原沢右俣3ルンゼ
  • パーティ:岡リーダー・カトサン・両津・オレ
  • 天気:晴れ

上里(4:05-6:30)舟山十字路(7:00-8:00)二俣(8:20-10:30)無名滝(10:30-11:30)奥の二俣(12:30-13:00)三段大滝(13:00-15:00)P3基部(15:20-17:00)沢床(17:00-18:20)舟山十字路~いじわるばあさん~上里21:30

合宿前の最後の山行!木曜日から寒気が入ったので、ちょっと期待していくことに。

オレが遅れて5分遅れて出発する。コンビニで買い出しして迷うことなく順調に舟山十字路に到着。もう覚えた(^_^)v

到着すると、先週と景色が変わって雪があるじゃないの!ちょっとテンションが上がる!

そして出発する。二俣にはテントが5張り位あったか。岡リーダーが先週ヘルメットを失くしたらしく、探しながら遡上していくが見つからず。クリスマスルンゼの分岐に着くと本谷から2人パーティが下りてきた。沼田のS氏だ。毎年必ずどこかで会う(笑)クリスマスルンゼに行くと言うので、登攀準備をして本谷を行く。

最初の滝に着くと、いつもスルーしている右の氷が立派なので、1本遊ぶことにする。

リードをさせてもらう。いきなりギアラックからヌンチャクが取れず苦労したが、寝てるので問題なく登れた。両津を迎えカトサン岡リーダーも登って懸垂下降。また本谷を行く。

Pc200137_800x600


Pc200139_800x600
水しぶきが上がっていたが、素早く抜ける。

Pc200148_800x600
ここはカトサンが突破。高さは無いが氷が脆くちょっとイヤラシイ。

Pc200151_800x600
3ルンゼ入口。この下にも似たような地形と景色があり、間違えやすい。

3段大滝もリードさせてもらう。オレ・岡リーダー。カトサン・両津でロープ1本ずつの変則オーダー。途中ロープが絡んだが、落ち着いて抜ける事が出来た。

両津も喘ぎながら渾身のクライミングで抜ける。

Pc200160_800x600
ここは岡リーダーがリード。中間から上は結構立ってる。下部は氷も硬くナカナカ手強かった。

Pc200162_800x600
振り向くと北アルプスも見渡せる絶景\(^o^)/来週行く穂高連峰もバッチリ見えた(^_^)v

時間があれば阿弥陀岳山頂にと思ったが、時間も15時。氷も十分に楽しめたのでP3までで下山。

Pc200165_800x600
南側へ回り込むと権現岳と富士山の絶景。先週の無念を晴らしてもお釣りが来るくらいのご褒美だ!!

青ナギからの下降で靴が当たり足が痛くなってしまう。何とか下りて沢で装備を解いてヘッデンとなった。

二俣で一本とって真っ暗闇の舟山十字路に到着してシューリョー。大満足の山行となった。傾斜の緩い氷ならかなり安定してリード出来る自信もついた。垂壁はムズイけど・・・

帰りはいじわるばあさんに寄る。カキフライは普通。岡リーダーのハンバーグはうまそうだった。帰りも渋滞も無く、この日15時に開通された上里スマートICで下りてみた。岡リーダー宅からかなり近くなったみたい。

来週の合宿も超楽しみ(*^。^*)ウズウズしてきた―!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

どうなってるの?

今シーズン1発目のアイスクライミングに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年12月13日(日)
  • 山域:八ヶ岳・広河原沢左俣~クリスマスルンゼ
  • パーティ:岡リーダー・両津・オレ
  • 天気:雨のち雪のち晴れ

藤岡(4:30-7:50)舟山十字路(8:35-9:45)二俣(10:00-10:30)左俣F2敗退(10:30-13:25)クリスマスルンゼ(15:30-17:50)舟山十字路

今冬は、シーズン前からスーパーエルニーニョによる暖冬と言われていて、アイスはどうなんだ~って感じでシーズンイン(@_@;)

下山後、伊香保で宴会があるため自走で行くことにする。ジムニーで遅いので一足先に出発。順調に横川を過ぎると岡リーダーから電話があり、両津が寝坊との事(-_-メ)結局各自1台で向かう事になった。

のんびりとコンビニに寄って8時前に舟山十字路到着。すぐに岡リーダーが到着。準備をして車で待ってるとほどなく両津も到着した。

準備をして出発するが、全く雪が無く初めて来る山のように感じる。そして暑い(+o+)

二俣には、テントが2張りあった。ダメもとでとにかく行ってみる。

F1は、いつも釜がぱっくり開いていて右岸を巻くのだがそれにしても氷って無さすぎ。

先へ進んでみるが、その後も沢登り状態で諦めて引き返し、右俣クリスマスルンゼに行くことに。

みんなお初だったが、二俣からすぐだと聞いてた気がしたけど長い。キッチリ1時間かかって到着。準備をしてると先行ガイドパーティが下りてきた。聞くとしっかり氷ってると言う。

Pc130111_800x600
ようやく今シーズン初お目見え(^_^)/

リードをさせていただく。1Pでは足りなそうだったので上の氷柱下でピッチを切る。

Pc130116_800x600
氷柱ピッチは、水流がポタポタ・・・やっかいそうなので岡リーダーにリードをお願いする。

時間もいい時間なので、これでシューリョー。何とか氷に触れたから良しとしよう。

二俣でヘッデンとなり帰路に着いた。帰りも別々で何か不思議な感じ。

オレはジムニーでガス欠になりそうになったが、佐久市内でようやくスタンドを見つけて伊香保に向かう。 

到着して、みんなを追い越す勢いで酔っぱらった。途中風呂に入ったが。泥酔で就寝。

朝起きると9時\(◎o◎)/!仕事だが開き直って朝飯を喰らう。まだ酔ってるかんじ。

夜になってファイントラックの下着上下が無い事に気が付く。旅館に問い合わせたが見つからず・・・

高い伊香保旅行となってしまった(+o+)

今週のアイスはどうだろか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

よかった!!

日曜日は、2週間ぶりのアイスに行ってきました(^_^)/

  • 日にち:2015年3月1日(日)
  • 山域:群馬の某不動滝
  • パーティ:岡リーダー・荒さん・両津・オレ
  • 天気:雪のち霰

当初は、相沢奥壁の予定だったが、天気が悪くアプローチが長い相沢は却下となった。オレ的には、ジムクライミングでもよかったが、岡リーダーはノミックを入手し、両津はカッコいいアルパインザックを新調して、それぞれ行きたいモチベーションだったので、岡リーダーが群馬の非公開某滝を計画してくれた。

非公開とはいっても、ガイド等がネット上に大分公開してしまっているらしく、迷わずに到着。アプローチは、ほぼゼロなので、準備をせずに偵察に行く。

Dsc02208_800x600
なかなか氷ってるでないの!!

中心のラインは、崩壊して水流がジャージャー流れてるが、左のラインは登れそうだ。

Dsc02213_800x600
岡リーダーリードで登りTRを掛けてもらう。

焚火の跡やバーベキューコンロ等あるので不思議に思ってると、開拓者のM氏らがやってきて、豪快に焚火を始めた。

一応非公開との事なので、岡リーダーが挨拶する。

Dsc02216_800x600
みんなで数本ずつ登ってランチにする。御堂のそばに屋根つきのテーブルとベンチがありとても快適だ(^_^)/

Dsc02228_800x600

Dsc02230_800x600

午後は、真ん中のバーチカルを1本ずつ登ってシューリョー。M氏らに挨拶をして帰路に着いた。

地元に戻って、荒さんは帰ってしまったが3人でいつものヤキハンで下山祝いをしました(●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

色んな人がいるよね(*^。^*)

週末にSCMで秩父にアイスに行ってきました(^_^)/

  • 期日:2015年2月7日(土)~8日(日)
  • 山域:秩父・中津川渓谷鏡岩
  • パーティ:深谷6・E会5・T会5・U会1・M会1・O会6・S会3
  • 天気:7日晴れ・8日雪のち晴れ

埼玉の岳人たちが集う会、SCMが秩父で開催されました。場所は中津川氷壁で冬場は観光スポットになっています。

Dsc02181_800x600
Dsc02182_800x600
今シーズンは、例年よりも氷結の状態が良いようです(*^。^*)

過去最多の参加人数で、9時に大滝温泉に集合し各自乗り合わせて移動。3~4台ほど路駐できる。準備をして出発。アプローチは、ゼロ!飲みがメインのオレには素晴らしい場所だ!FIXで川床に下りて渡渉する。

良く凍っていて4本ほどルートをとれる。

翌日曜日は、天気が悪いらしいので、たくさん登っておく。たっぷり登って「つちうちキャンプ場」移動。ここはT会の石氏が顔が効いて冬季休業中だが管理棟を借りる事が出来た<(_ _)>

幹事の岡リーダーとオレで鍋とモツ煮と焼肉でおもてなし(●^o^●)

Dsc02191_800x600
記憶が無くなるまで飲んで就寝(-_-)zzz我ながら、よくシュラフに入れたなぁ~と思う・・・

翌朝は、分かり切っているが案の定二日酔い(+o+)朝食にそばを無理やり流し込んで、撤収。氷壁に着くがヤル気が全然出ない。でも来週から2週間空いてしまうので、無理して登っておく。午前中は、二日酔いとの戦いだったが、昼に味噌汁を飲んだら大分回復した。

Dsc02186_800x600

Dsc02194_800x600
雪も止んだので、午後もたっぷり筋肉痛になるまで登ってシューリョー(^_^)/

P2080798_800x600
過去最多人数となったSCMですが、オレが酔って記憶が飛んでる間に何やら色々とあったようです。他の会と壁でセッションしたり酒を飲んで語り合ったり超楽しい集まりでしたが、人数が多すぎるのも、それはそれで問題があるようです。

今シーズンあと何回アイスに行けるか分かりませんが、もう少しで何かを掴めるような気がしなくもない・・・気のせいかっ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧